FC2ブログ

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

読書会案内

神村研究室では、(ほぼ)毎月一回、読書会をしています。
絵本から大人の本まで、いろんなお題を決めてみんなで読み、感想を話し合っています。
様々な情報交換も楽しい集まりです。

8月は、国際アンデルセン賞受賞記念、ということで、角野栄子さんの「魔女の宅急便」を読みました。

なぜ、アンデルセン賞を受賞したのかな?
どんな人?
ほかにどんな作品があるの?
女の子の成長物語の結末のつけかたは?
魔女の力って?
魔女と魔法つかいって?

……いろいろな話が出て、話題が尽きず、意外にもかなり盛り上がりました。
読もう読もうと思っていて、この機会にシリーズ全巻読みました~というご報告も。

マーガレット・マーヒー「めざめれば魔女(Chengeover)や、「ゲド戦記」などの作品のことも話題になりました。
読書を積み重ねていると、様々な文脈が自然に出来ていき、理解が深まっていくものですね。

次回は、その話題になった本のなかから、魔法の衰退に関連して、この本を課題とします。

●次回課題作
メアリー・ノートン
「魔法のベッド」シリーズ
(『魔法のベッド 南の島へ』、『魔法のベッド 過去の国へ』)


または、『空飛ぶベッドと魔法のほうき』

※注意!
同じ内容ですが、二巻本と、一冊にまとめられたものがあります。
魔法の衰退ということを問題にするなら、結末が重要なので、二巻本は二冊とも読んで来て下さい。

ちなみに、メアリー・ノートンは、『床下の小人たち』(ジブリ映画「借り暮らしのアリエッティ」)の作家でもあります。
この読書会では、実は、読書会がスタートした2010年、最初の年に取り上げて読んでいます。
関連記事→子どもの本読書会①
その時にお話ししたのですが、実は『床下の小人たち』は、とても構造が複雑で、謎が多く、一筋縄ではいかない、なかなかに読み応えのある作品です。

それに比べると、「魔法のベッド」の方は、難しいところのない、いたって楽しい作品で、私は大好きです。
結末は少々意外性もあり、複雑な読後感を残しますが、それも含めてというか、それゆえにというか、私にとっては愛おしい作品です。
そして、この両作品によって、メアリー・ノートンとその作品は、意外と重要な作家、作品ではないかと思っています。

いやはや、それにしても、8年ですって。
よく続いているものです。
参加してくださったみなさんのおかげ。ありがとうございます。

読書会を立ち上げたときのことが記事を読んでいると、いろいろと思いだされてきて、懐かしい。
こんな感じで続けてきて、そして、これからも、たぶんこんな感じですが、これからも、よろしくお願いします。

次回予定は一応、9月22日(土)とします。

それでは、よい夏を。
そして、楽しい読書を。






PageTop

「語り継ぐ力」関連イベント&講座

『語り継ぐ力――アイルランドと日本』が刊行されました。

関連記事①→「語り継ぐ力―アイルランドと日本―」発刊!
関連記事②→「語り継ぐ力」販売について


この出版に関連して、イベントや講座を開催することになりました。
よろしくお願いいたします。


**********

まずは、この本を取り扱って下さっている啓文堂書店奈良店にて、出版記念イベントを開催いたします。

『語り継ぐ力』出版記念イベント

日時:9月2日(土)午前・午後
場所:啓文堂書店奈良店

主催・出演:アイルランドフューシャ奈良書店

アイルランドの紅茶を飲みながら、アイルランドの音楽や昔話にふれてみませんか?
昔話の語りは、お子さまから大人の方まで楽しんでいただけます。


**********

いつもお世話になっている香芝市民図書館、香芝お話ローソクの会のご協力で、こんな講座を開催することになりました。

ストーリー・テリング〈昔話を語る〉特別講座
アイルランドの口伝えの文化
― 昔話と 音楽と ―

日時:9月19日(水)午前
場所:香芝市ふたかみ文化センターにて

詳細は↓のチラシをご覧ください。

語り継ぐ力講演_convert_20180806191447


PDF版チラシ→語り継ぐ力講演チラシPDF
PDF版チラシ(モノクロ)→語り継ぐ力講演チラシPDF(モノクロ)

***********


イベント、講座とも、入場無料で、どなたでもご参加いただけます。

イベントには語りと笛で参加します。
講座では、「昔話を語り聴くこと――アイルランドの口承の世界にふれて」という題で、『語り継ぐ力』に執筆した内容をもとに、昔話と音楽の共通性について、講演する予定です。

よろしくお願いいたします。


関連記事

PageTop

絵本とであうイベント情報

夏ですね。
奈良県内の絵本イベントを二つご案内します。ご家族でお出かけ下さい。
猛暑の中、クールシェアにもおすすめ。

第19回 絵本ギャラリー in 奈良

7月28日(土)・29日(日)
両日とも午前10時~午後4時30分

奈良市ならまちセンター(奈良市東寺林町、近鉄奈良駅から徒歩約10分、JR奈良駅から徒歩約15分。


ev1806c.jpg

会場内では、人形劇などのステージイベントや、赤ちゃんから楽しめる様々なスペースや催しがあります。

詳しくは→奈良新聞トップページ>イベント情報>第19回絵本ギャラリーin奈良




~ダンボールであそぶ!絵本であそぶ!~
●△■のふしぎ

約800冊の絵本とダンボール遊具で思いっきり遊べる2日間!!
ワークショップもあります。

8月25日(土)・26日(日)
午前11時から午後5時

奈良市ならまちセンター(奈良市東寺林町、近鉄奈良駅から徒歩約10分、JR奈良駅から徒歩約15分。

36728471_1646732612115662_677998095622995968_n_convert_20180723160214.jpg


チラシはこちらから→○△□のふしぎ<オモテ>○△□のふしぎ<ウラ>

暑い夏、元気に楽しく過ごしましょう。





PageTop

「語り継ぐ力」販売について

啓林堂奈良店さんで取り扱いが始まりました。
啓林堂さんのサイトでもご紹介下さっています。

次をクリック→啓林堂さんブログ【奈良店にて】 『語り継ぐ力』 ― アイルランドと日本 ― 好評発売中!

その他の本屋さんでは注文、取り寄せになります。
もし、ご興味おありの方は、神村にお問い合わせください。

わたしはアイルランドの口承文化の世界、音楽と昔話のつながりについて寄稿しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『語り継ぐ力 ― アイルランドと日本 ―』
アイルランドフューシャ奈良書店

詳細は→地方・小出版センター扱い近刊

20180320_5465947.jpg

夢現(ゆめうつつ)の母の声、囲炉裏端の昔話。心の奥深くへ「語り継ぐ力」。

語りの世界は地球上のあらゆる国に存在する。地形的な条件から似た文化が存在する日本とアイルランド。そんな二つの国を比較しながら、現在の『語り』の置かれている状況、『語り』の素材となる伝承文学、次の世代を育てる教育の果たす役割に焦点を当てながら総括的に展望する。

平成26年度から3年間にわたって科学研究費助成金を受け、語り部たちの声・教育現場の声・現地調査・アンケートをふくめ研究を重ねた。できるだけ多くの方に、この本が届き、語りやそれに付随する文化、伝統が守り続けられることを、願っている。

奈良アイルランド語研究会 編
アイルランドフューシャ奈良書店 発行

お世話になっている奈良アイルランド語研究会がこの数年間取り組んできた活動を一書にまとめられました。



関連記事

PageTop

読書会案内

ご連絡が遅くなりました。

次の読書会は8月4日(土)19時から

子どもの本のノーベル賞ともいわれる国際アンデルセン賞を受賞された角野栄子さんの作品を。
「魔女の宅急便」などを読んでみましょう。

角野栄子さんの本いろいろ

角野栄子さん国際アンデルセン賞受賞をとりあげた記事→角野栄子さん  「魔女の宅急便」を書いた素敵な魔女

酷暑、猛暑が続きます。
夏を少しでも過ごしやすく、図書館での避暑をおすすめします。
読書の夏もいいですね。それでは。








PageTop