fc2ブログ

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

年に一度のおはなし選び

毎年、年に一度、図書館のおはなし会のプログラムを考える時期になりました。

語る機会が少なく、レパートリーがなかなか増えないので、こういう機会に、昔話のテキストをきっちり読んで、新しい話を一つずつ、覚えていくことにしています。

おはなし会は、小さい子が多いので、やはり定番のテキストから。小さくても十分楽しめるお話を……と思うのですが、これがなかなか難しい。

今回は、イタリアの昔話「はらぺこピエトリン」、モンゴルの昔話「だれがいちばん兄さんか」を語ってみようかなと考えています。

「はらぺこピエトリン」は、昔話らしいすっきりとしたお話なので、大丈夫かな?
お腹がすいて、ついつい、つまみぐいしたくなるピエトリンへの共感と、後半の鬼が迫ってくる恐怖が聞き手をひき込んでくれそう。
イタリアのお国柄もあってか、明快なお話なので、気持ちよく、自分自身も楽しんで語れそうな気がします。


「だれがいちばん兄さんか」は、仲良く暮らす動物たちが、一番兄さんは誰かを考えるお話。仲睦まじい動物の様子が感じられて牧歌的です。
でも、だれが一番兄さんかって、考えてみると、子どもには、とっても難しいことなんですね。だって自分が物心つく前のことは、誰にも分からないんだもの。
ちょっと頭をひねってもらうことになりそうですが、小さいときには、そういう分からなさの体験って、印象に残るもの。子ども時代には、必要なこと、大切なこと、のような気がします。

さてさて、当日までになんとかなるかしら。
「だれがいちばん兄さんか」は、小さい子が多かったときのために、絵を用意した方がいいかなと思ったりもしていますが……間に合うかなぁ……。

お楽しみに。

子どもに語るイタリアの昔話子どもに語るイタリアの昔話
(2003/06)
平田 美恵子

商品詳細を見る


子どもに語るモンゴルの昔話子どもに語るモンゴルの昔話
(2004/11)
平田 美恵子

商品詳細を見る


そういえば、昨年の今頃も……(笑)→ 関連記事 おはなし会どうしよう?!

PageTop

ただいまお仕事中。

お盆を過ぎると……過ぎゆく夏、秋の気配もそこかしこに感じられまるように……。なかなか更新できませんでしたが、その間に、夏休みも終わりに近づきました。

みなさまの夏はいかがでしたか?

前期のレポート採点がやっと終わり、成績を提出して、肩の荷が一つ下りました。7月後半から成績を出すまでは、ほんとうに、駆け足でした。

来週月曜が前期の卒論締め切りです。一人だけ提出予定のゼミ生がいるので、今週は最後の追い込み。なんとか、形にして提出してほしいと思います。

夏休み中の大事なお仕事の一つ、実習先訪問も、ぼちぼち始まります。
学生たちの実習期間、実習先に合わせて、毎週1~2か所ずつ、実習先を訪問します。
大学の教員が顔を出すと、学生たちはやはり安心するらしく、そんな話をきくと、やはり行ってあげなくちゃと思わされます。

そんなこんなで……あっという間に秋がめぐってきそうです。

夏休みもあと少し、よい夏をお過ごしください。

PageTop

9月読書会のお知らせ

絵本・子どもの本の読書会 in 大阪樟蔭女子大学関屋キャンパス
9月のお知らせです。

開催日 9月1日(土)

課題は、 ドナ・ジョー・ナポリ『マルベリーボーイズ』 (偕成社、2009年)

8月は夏休みで一回休み。
9月は神村が担当いたします。
YAなので、会に参加するしないにかかわらず、若い方におすすめしたいです。

マルベリーボーイズマルベリーボーイズ
(2009/10)
ドナ・ジョー ナポリ

商品詳細を見る


PageTop
子どもたちへ 本を届けよう 子どもたちへ 本を届けよう 2012年08月

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

年に一度のおはなし選び

毎年、年に一度、図書館のおはなし会のプログラムを考える時期になりました。

語る機会が少なく、レパートリーがなかなか増えないので、こういう機会に、昔話のテキストをきっちり読んで、新しい話を一つずつ、覚えていくことにしています。

おはなし会は、小さい子が多いので、やはり定番のテキストから。小さくても十分楽しめるお話を……と思うのですが、これがなかなか難しい。

今回は、イタリアの昔話「はらぺこピエトリン」、モンゴルの昔話「だれがいちばん兄さんか」を語ってみようかなと考えています。

「はらぺこピエトリン」は、昔話らしいすっきりとしたお話なので、大丈夫かな?
お腹がすいて、ついつい、つまみぐいしたくなるピエトリンへの共感と、後半の鬼が迫ってくる恐怖が聞き手をひき込んでくれそう。
イタリアのお国柄もあってか、明快なお話なので、気持ちよく、自分自身も楽しんで語れそうな気がします。


「だれがいちばん兄さんか」は、仲良く暮らす動物たちが、一番兄さんは誰かを考えるお話。仲睦まじい動物の様子が感じられて牧歌的です。
でも、だれが一番兄さんかって、考えてみると、子どもには、とっても難しいことなんですね。だって自分が物心つく前のことは、誰にも分からないんだもの。
ちょっと頭をひねってもらうことになりそうですが、小さいときには、そういう分からなさの体験って、印象に残るもの。子ども時代には、必要なこと、大切なこと、のような気がします。

さてさて、当日までになんとかなるかしら。
「だれがいちばん兄さんか」は、小さい子が多かったときのために、絵を用意した方がいいかなと思ったりもしていますが……間に合うかなぁ……。

お楽しみに。

子どもに語るイタリアの昔話子どもに語るイタリアの昔話
(2003/06)
平田 美恵子

商品詳細を見る


子どもに語るモンゴルの昔話子どもに語るモンゴルの昔話
(2004/11)
平田 美恵子

商品詳細を見る


そういえば、昨年の今頃も……(笑)→ 関連記事 おはなし会どうしよう?!

PageTop

ただいまお仕事中。

お盆を過ぎると……過ぎゆく夏、秋の気配もそこかしこに感じられまるように……。なかなか更新できませんでしたが、その間に、夏休みも終わりに近づきました。

みなさまの夏はいかがでしたか?

前期のレポート採点がやっと終わり、成績を提出して、肩の荷が一つ下りました。7月後半から成績を出すまでは、ほんとうに、駆け足でした。

来週月曜が前期の卒論締め切りです。一人だけ提出予定のゼミ生がいるので、今週は最後の追い込み。なんとか、形にして提出してほしいと思います。

夏休み中の大事なお仕事の一つ、実習先訪問も、ぼちぼち始まります。
学生たちの実習期間、実習先に合わせて、毎週1~2か所ずつ、実習先を訪問します。
大学の教員が顔を出すと、学生たちはやはり安心するらしく、そんな話をきくと、やはり行ってあげなくちゃと思わされます。

そんなこんなで……あっという間に秋がめぐってきそうです。

夏休みもあと少し、よい夏をお過ごしください。

PageTop

9月読書会のお知らせ

絵本・子どもの本の読書会 in 大阪樟蔭女子大学関屋キャンパス
9月のお知らせです。

開催日 9月1日(土)

課題は、 ドナ・ジョー・ナポリ『マルベリーボーイズ』 (偕成社、2009年)

8月は夏休みで一回休み。
9月は神村が担当いたします。
YAなので、会に参加するしないにかかわらず、若い方におすすめしたいです。

マルベリーボーイズマルベリーボーイズ
(2009/10)
ドナ・ジョー ナポリ

商品詳細を見る


PageTop