fc2ブログ

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

羽曳野図書館で絵本展示

3月に羽曳野図書館で、絵本の講座をいたしました。
って、ぼんやりしているうちにずいぶんと昔の話になってしまいましたが……。

その後、しばらくの間、講座で紹介した絵本の展示をして下さったそうです。

こんな感じ……。
羽曳野図書館選書展示_convert_20130527180841

写真をいただいたのでそのうちブログに載せようと思っていたのに、こんなに遅くなってしまいました。

読み聞かせなどを行っていらっしゃるボランティアさんたちからは、なかなか好評だったそうで、手にとって見て下さる方も多かったとか……。

出張講座をさせてもらっても、こちらも忙しくて、わーっとやって、やりっぱなしで終わってしまうことも多いのですが……。

こんな風に紹介して下さったり、また、反響も教えていただけりすると、うれしいものですね。

少しずつ、つながりが広がり、色々な出会いがあって……昨年度、図書館さんでの講座は、当たり年というか、どの図書館でも、どの講座でも、ほんとうにHappyな出会いや感動がありました。
そして、わたしにとっても、学ぶことの多い経験となりました。

あらためて、感謝!!

今年は、どんな出会いがあるやら……。


PageTop

朝の読書 3年生

小学校3年生の朝の読書に行ってきました。

今回は、昔話(fairy-tale)や伝承童謡(Nursery Rhyme)でおなじみの登場人物やモティーフがたくさん出てくる絵本を2冊選びました。

まずは、『もものき なしのき プラムのき』を。
この本も、韻をふんだ詩(Rhyme)で書かれています。英語の原書タイトルは Peach Pear Plumと、すべてPではじまる果物の名前を並べています。頭韻のPがきいていますね。

日本語では、「おどろき もものき さんしょのき」という決まり文句にうまくあてていて、ここだけを見ても、よく工夫された訳だなと思います。

「○○みーつけた!」にのせて、ページをめくっていくと……、親指トム、シンデレラ、ジャックとジル、ロビン・フッド、三匹のくま……などなど。
英語圏ではなじみのお話の登場人物が、次々とあらわれる楽しい絵本です。

子どもたちは、探しっこが大好きです。
この絵本は、簡単そうで、案外と見つけにくい画面もあるので、探す楽しみも存分に味わえます。大人も子どもも、思わず、真剣になって、「あっおるおる!」、「おった!」なんて声を上げてしまうかも?

3年生になりたての子たちも、途中からは、一生懸命、身を乗り出すようにして、絵本をのぞきこんでいました。

絵が細かいので、大勢の読み聞かせには、ちょっとつらいですが、この学校では、読み聞かせした本は、1週間、学級でまわして見てもらうことができるので、こんなものにもチャレンジできます。

というわけで、続きは、またゆっくりとね~。

もものきなしのきプラムのき (評論社の児童図書館・絵本の部屋)もものきなしのきプラムのき (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
(1981/02)
ジャネット・アールバーグ、アラン・アールバーグ 他

商品詳細を見る


お次も、昔話、とりわけ、「赤ずきんちゃん」を下敷きにした絵本です。


森のなかへ (児童図書館・絵本の部屋)森のなかへ (児童図書館・絵本の部屋)
(2004/07)
アンソニー ブラウン

商品詳細を見る


細部まで丁寧に描かれたモノクロの森が、暗くて怖い雰囲気を盛り上げていきます。
PageTop

6月の読書会

5月の読書会では、会員の方からの資料提供を受けて、あまんきみこさんの講演会の報告でした。

あまんきみこさんの子どもの頃、心に残った言葉などさまざまなエピソードにうなずいたり、なるほどなぁと感じ入ったり……。

そして、あまんきみこさんご自身の朗読で『ちいちゃんのかげおくり』を聞かせてもらい、生の声、本物の声の力を感じることができ、みなさんで分かち合えたことで、とても満ち足りた気持ちになりました。

ちいちゃんのかげおくり (あかね創作えほん 11)ちいちゃんのかげおくり (あかね創作えほん 11)
(1982/08)
あまん きみこ

商品詳細を見る


次回は、6月8日(土)を予定しています。
内容は、ふたたびエーリヒ・ケストナーに戻ります。

4月はとりとめなくおしゃべりして終わってしまったので(それはそれで楽しいひとときでしたが……)、もったいない感じがして、ケストナーとその時代について、資料にまとめてみました。
その資料をもとに、ケストナーの生きた時代について、また、ケストナーの人と作品について、すこし深められたらいいなと思います。

『ちいちゃんのかげおくり』にも、同時代を描いているということで、つながっているかな?

参考にした資料を少しご紹介。


エーリヒ・ケストナー 謎を秘めた啓蒙家の生涯エーリヒ・ケストナー 謎を秘めた啓蒙家の生涯
(2010/10/29)
スヴェン ハヌシェク

商品詳細を見る


ケストナーの終戦日記―1945年、ベルリン最後の日 (福武文庫)

エーミールと探偵たち (岩波少年文庫 (018))エーミールと探偵たち (岩波少年文庫 (018))
(2000/06/16)
エーリヒ・ケストナー

商品詳細を見る


ナチスと映画―ヒトラーとナチスはどう描かれてきたか (中公新書)ナチスと映画―ヒトラーとナチスはどう描かれてきたか (中公新書)
(2008/11)
飯田 道子

商品詳細を見る



おまけに、ケストナーが脚本を書き、第二次大戦中に製作された映画。

ほら男爵の冒険 [DVD]ほら男爵の冒険 [DVD]
(2005/01/25)
ハンス・アルバース、ブリギッテ・ホルナイ 他

商品詳細を見る





PageTop

わらべうたとえほん 講座

わらべうたとえほん講座

わらべうたとえほんを楽しみましょう
季節にあったわらべうた、わらべうたと一緒に楽しめる絵本など

講師 岩出 景子氏
野の花文庫、野の花子育てるーむ主宰

日時
①平成25年6月30日(日)
②平成25年7月28日(日)

14:00~15:30

どちらかの参加も可能。

場所 葛城市立當麻図書館 2F 研修室

対象 大人
参加費 無料

PageTop

親子で楽しむアフリカの昔話と音楽

講座のお知らせ

葛城市立図書館 親子で楽しむ講座

アフリカの昔話と絵本と音楽
~コバサンと山ドンのアフリカ探検~


講師
小林 康代氏(元大阪市立図書館司書)
山村 規子氏(元京都女子大学非常勤講師)

平成25年日(日)
午後1時30分~3時

葛城市立新庄図書館 ふれあいルーム

対象 子ども・大人・親子 (保護者同伴なら幼児も可)
定員 40名
参加費 無料

詳しくはこちら→葛城市図書館講座 チラシ


関連記事→行ってきました~!ご報告はこちら。アフリカの絵本とおはなしと音楽


PageTop
子どもたちへ 本を届けよう 子どもたちへ 本を届けよう 2013年05月

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

羽曳野図書館で絵本展示

3月に羽曳野図書館で、絵本の講座をいたしました。
って、ぼんやりしているうちにずいぶんと昔の話になってしまいましたが……。

その後、しばらくの間、講座で紹介した絵本の展示をして下さったそうです。

こんな感じ……。
羽曳野図書館選書展示_convert_20130527180841

写真をいただいたのでそのうちブログに載せようと思っていたのに、こんなに遅くなってしまいました。

読み聞かせなどを行っていらっしゃるボランティアさんたちからは、なかなか好評だったそうで、手にとって見て下さる方も多かったとか……。

出張講座をさせてもらっても、こちらも忙しくて、わーっとやって、やりっぱなしで終わってしまうことも多いのですが……。

こんな風に紹介して下さったり、また、反響も教えていただけりすると、うれしいものですね。

少しずつ、つながりが広がり、色々な出会いがあって……昨年度、図書館さんでの講座は、当たり年というか、どの図書館でも、どの講座でも、ほんとうにHappyな出会いや感動がありました。
そして、わたしにとっても、学ぶことの多い経験となりました。

あらためて、感謝!!

今年は、どんな出会いがあるやら……。


PageTop

朝の読書 3年生

小学校3年生の朝の読書に行ってきました。

今回は、昔話(fairy-tale)や伝承童謡(Nursery Rhyme)でおなじみの登場人物やモティーフがたくさん出てくる絵本を2冊選びました。

まずは、『もものき なしのき プラムのき』を。
この本も、韻をふんだ詩(Rhyme)で書かれています。英語の原書タイトルは Peach Pear Plumと、すべてPではじまる果物の名前を並べています。頭韻のPがきいていますね。

日本語では、「おどろき もものき さんしょのき」という決まり文句にうまくあてていて、ここだけを見ても、よく工夫された訳だなと思います。

「○○みーつけた!」にのせて、ページをめくっていくと……、親指トム、シンデレラ、ジャックとジル、ロビン・フッド、三匹のくま……などなど。
英語圏ではなじみのお話の登場人物が、次々とあらわれる楽しい絵本です。

子どもたちは、探しっこが大好きです。
この絵本は、簡単そうで、案外と見つけにくい画面もあるので、探す楽しみも存分に味わえます。大人も子どもも、思わず、真剣になって、「あっおるおる!」、「おった!」なんて声を上げてしまうかも?

3年生になりたての子たちも、途中からは、一生懸命、身を乗り出すようにして、絵本をのぞきこんでいました。

絵が細かいので、大勢の読み聞かせには、ちょっとつらいですが、この学校では、読み聞かせした本は、1週間、学級でまわして見てもらうことができるので、こんなものにもチャレンジできます。

というわけで、続きは、またゆっくりとね~。

もものきなしのきプラムのき (評論社の児童図書館・絵本の部屋)もものきなしのきプラムのき (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
(1981/02)
ジャネット・アールバーグ、アラン・アールバーグ 他

商品詳細を見る


お次も、昔話、とりわけ、「赤ずきんちゃん」を下敷きにした絵本です。


森のなかへ (児童図書館・絵本の部屋)森のなかへ (児童図書館・絵本の部屋)
(2004/07)
アンソニー ブラウン

商品詳細を見る


細部まで丁寧に描かれたモノクロの森が、暗くて怖い雰囲気を盛り上げていきます。
PageTop

6月の読書会

5月の読書会では、会員の方からの資料提供を受けて、あまんきみこさんの講演会の報告でした。

あまんきみこさんの子どもの頃、心に残った言葉などさまざまなエピソードにうなずいたり、なるほどなぁと感じ入ったり……。

そして、あまんきみこさんご自身の朗読で『ちいちゃんのかげおくり』を聞かせてもらい、生の声、本物の声の力を感じることができ、みなさんで分かち合えたことで、とても満ち足りた気持ちになりました。

ちいちゃんのかげおくり (あかね創作えほん 11)ちいちゃんのかげおくり (あかね創作えほん 11)
(1982/08)
あまん きみこ

商品詳細を見る


次回は、6月8日(土)を予定しています。
内容は、ふたたびエーリヒ・ケストナーに戻ります。

4月はとりとめなくおしゃべりして終わってしまったので(それはそれで楽しいひとときでしたが……)、もったいない感じがして、ケストナーとその時代について、資料にまとめてみました。
その資料をもとに、ケストナーの生きた時代について、また、ケストナーの人と作品について、すこし深められたらいいなと思います。

『ちいちゃんのかげおくり』にも、同時代を描いているということで、つながっているかな?

参考にした資料を少しご紹介。


エーリヒ・ケストナー 謎を秘めた啓蒙家の生涯エーリヒ・ケストナー 謎を秘めた啓蒙家の生涯
(2010/10/29)
スヴェン ハヌシェク

商品詳細を見る


ケストナーの終戦日記―1945年、ベルリン最後の日 (福武文庫)

エーミールと探偵たち (岩波少年文庫 (018))エーミールと探偵たち (岩波少年文庫 (018))
(2000/06/16)
エーリヒ・ケストナー

商品詳細を見る


ナチスと映画―ヒトラーとナチスはどう描かれてきたか (中公新書)ナチスと映画―ヒトラーとナチスはどう描かれてきたか (中公新書)
(2008/11)
飯田 道子

商品詳細を見る



おまけに、ケストナーが脚本を書き、第二次大戦中に製作された映画。

ほら男爵の冒険 [DVD]ほら男爵の冒険 [DVD]
(2005/01/25)
ハンス・アルバース、ブリギッテ・ホルナイ 他

商品詳細を見る





PageTop

わらべうたとえほん 講座

わらべうたとえほん講座

わらべうたとえほんを楽しみましょう
季節にあったわらべうた、わらべうたと一緒に楽しめる絵本など

講師 岩出 景子氏
野の花文庫、野の花子育てるーむ主宰

日時
①平成25年6月30日(日)
②平成25年7月28日(日)

14:00~15:30

どちらかの参加も可能。

場所 葛城市立當麻図書館 2F 研修室

対象 大人
参加費 無料

PageTop

親子で楽しむアフリカの昔話と音楽

講座のお知らせ

葛城市立図書館 親子で楽しむ講座

アフリカの昔話と絵本と音楽
~コバサンと山ドンのアフリカ探検~


講師
小林 康代氏(元大阪市立図書館司書)
山村 規子氏(元京都女子大学非常勤講師)

平成25年日(日)
午後1時30分~3時

葛城市立新庄図書館 ふれあいルーム

対象 子ども・大人・親子 (保護者同伴なら幼児も可)
定員 40名
参加費 無料

詳しくはこちら→葛城市図書館講座 チラシ


関連記事→行ってきました~!ご報告はこちら。アフリカの絵本とおはなしと音楽


PageTop