fc2ブログ

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

よみきかせとストーリーテリング講座

富田林市立図書館 子育て支援と子ども読書推進事業

子どもと本の架け橋になろう!~よみきかせとストーリーテリング~(全6回)

 子どもたちは、絵本を読んでもらうこと、お話をきくことがたいへん好きです。そこにたのしさやおもしろさがあるからでしょう。
 耳から本の世界をたのしむことは、子どもたちがことばを自分のものにし、読書の習慣を身につけていくうえで欠かすことのできないことです。

 わが子や孫に、あるいはボランティアとして多くの子どもたちに、本のたのしい世界を届けてみませんか。
 
第Ⅰ部「絵本のよみきかせ」講師: 神村朋佳氏(大阪樟蔭女子大学児童学部講師)

第1回(10/2) 「絵本のみかた」
第2回(10/16) 「絵本のよみかた」
第3回(10/30) 「よみきかせをたのしむ子どもたち~現場からの報告~」

第Ⅱ部「ストーリーテリング(おはなし)」講師: 神村朋佳氏(大阪樟蔭女子大学児童学部講師)

第1回(11/20) 「ストーリーテリングとは」
第2回(12/4) 「おはなしを選ぶ・ととのえる・イメージを広げる」
第3回(12/18) 「おはなし会(おはなしをたのしむ)」 富田林おはなしの会

時間はいずれも午前10時~12時
富田林市立金剛図書館

お問合せ・お申込みは金剛図書館(高辺台2-1-2)まで。℡28-1171

終了しました。講座を終えての感想は↓の関連記事で。
関連記事→ありがとうございました!!(2013/12/23)


関連記事

PageTop

香芝市民図書館おはなし会2

香芝市民図書館の9月のおはなし会を担当しました。大きい子向けプログラムを紹介します。

小さい子向けプログラムはこちら↓
関連記事→香芝市民図書館おはなし会1

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *
大きい子むけ (14:30~)

絵 本  * びっくりまつぼっくり  作:多田 多恵子 絵:堀川 理万子(福音館書店、2010年)
おはなし * クルミわりのケイト  「おはなしのろうそく10」(東京子ども図書館)
絵 本  * くるくるくるみ    作・絵:松岡 達英(そうえん社、2007年)
       木の実とともだち   作・絵: 作・絵: 下田 智美(偕成社、1996)
絵 本  * びくびくビリー    アンソニー・ブラウン(評論社)

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *

イギリスの昔話「くるみわりのケイト」は、昔話らしいお話です。
三回の繰り返しがあり、すべての物事が、ぴたっと見事に、ところを得ておさまってゆくハッピーエンド。
ドキドキハラハラもちょっぴりあり、王様のお城、緑の森、緑の丘、妖精の舞踏会と、道具立てもファンタステッィック。
お話に入り込むと、ほんとうに、夢のような雰囲気を味わうことができます。

主人公は明るくて、勇気があって、けなげで、ついつい肩入れしたくなるし、継母ものでありながら、義理の姉妹どうしの仲が良く、あまり陰湿な感じがないのも○。

イギリスらしい雰囲気も十分味わえて、大好きなお話の一つです。

聞いて下さった方が、すとん、すとんと胸に落ちるお話やね、とうれしい感想を。まさにその通り。
初心者も、経験者も、語りやすく、それでいて、満足感をしっかり味わえると思います。

「クルミわりのケイト」をプログラムのメインに。
語るのが久々でちょっと不安だったので、気合を入れるために、イギリスの田園風景をイメージして、緑系の服に羊さんのブローチを。気分を盛り上げてお話に臨みました(笑)。

お話ローソクの会_convert_20130917185225


「くるみわりのケイト」はこちらの本に入っています。

だめといわれてひっこむな (愛蔵版おはなしのろうそく (5))だめといわれてひっこむな (愛蔵版おはなしのろうそく (5))
(2001/09)
東京子ども図書館

商品詳細を見る



*   *   *   *   *   *   *   *   *   *

最初に導入として、この絵本。

びっくりまつぼっくり (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)びっくりまつぼっくり (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)
(2010/09/10)
多田多恵子

商品詳細を見る


そして、「くるみわりのケイト」のあとで、2冊の絵本を紹介しました。

くるくるくるみ (そうえん社・日本のえほん)くるくるくるみ (そうえん社・日本のえほん)
(2007/09)
松岡 達英

商品詳細を見る


木の実とともだち―みつける・たべる・つくる木の実とともだち―みつける・たべる・つくる
(1996/10)
松岡 達英、下田 智美 他

商品詳細を見る
様々な木の実、果実の美しく細やかな絵が美しく見ごたえあり。
動物たちが木の実について教えてくれます。木の実で作るおもちゃや、おいしいものもたくさん。秋の収穫の季節に。


最後に「びくびくビリー」を読みました。

びくびくビリー (児童図書館・絵本の部屋)びくびくビリー (児童図書館・絵本の部屋)
(2006/09)
アンソニー ブラウン

商品詳細を見る


たくさんの方が来て下さって、楽しいおはなし会でした。まぁなんとか、ちゃんとできてほっとしています。
ありがとうございました!そして、また来年!



PageTop

香芝市民図書館おはなし会1

香芝市民図書館 9月のおはなし会



小さい子むけ (14:00~)

手遊び  * 二羽の小鳥 ちっちとぴっぴ  (マザーグースより)
おはなし * ちいちゃいちいちゃい      「イギリスとアイルランドの昔話」岩波書店
絵 本  * ほね、ほね、きょうりゅうのほね バイロン・バートン(インターコミュニケーションズ)
手遊び  * ゆびのたいそう
おはなし * ヤギとコオロギ         「子どもに語るイタリアの昔話」こぐま書店


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

お話は次のの2冊の本に入っています。

イギリスとアイルランドの昔話 (福音館文庫 昔話)イギリスとアイルランドの昔話 (福音館文庫 昔話)
(2002/06/20)
石井 桃子、 他

商品詳細を見る


子どもに語るイタリアの昔話子どもに語るイタリアの昔話
(2003/06)
平田 美恵子

商品詳細を見る


ほね、ほね、きょうりゅうのほねほね、ほね、きょうりゅうのほね
(1998/02)
バイロン・バートン

商品詳細を見る
ほねはないか、ほねはないか、きょうも ほねを さがしてあるく……。
とても調子のよい簡単な言葉でつづられていますが、骨を発掘し、洗浄して、博物館に運び、恐竜の骨を組み立てるまでの過程がきちんと描かれていて、幼い子から大きき子まで楽しめます。


ホネホネたんけんたいホネホネたんけんたい
(2008/02)
松田 素子、西澤 真樹子 他

商品詳細を見る
アートのように美しいホネ標本の写真がたくさん。
子どもから大人まで、わぁ、へぇ~、ほぉ~となります。こわがらないで手にとってみて。大阪周辺にお住まいの方は、ぜひ、長居公園にある自然史博物館へ足を運んでみて。実物と出会えますよ。



大きい子むけのプログラムは次で……。



PageTop

香芝 ストーリーテリング講座

香芝市民図書館の講座のお知らせです。

ストーリーテリング入門講座

10/4(金) お話について お話ってなに?

10/11(金) お話を選ぶ どんなお話がいいかな?

11/1(金) おぼえること ちょっと頭を耕して楽しくおぼえよう

11/15(金) お話の実際 さあやってみよう

11/29(金) おはなし会

講師:川原榮子氏(香芝お話ローソクの会代表)
時間:いずれも10:00~11:30
受講料:無料

図書館カウンターで直接、または、77-1600までお電話でお申し込みを。

楽しいお話もたくさん聞けるし、経験豊富な方ならではの、子どもたちにお話を届けたときのことや、お話にまつわるエピソードも、色々話してくださるそうです。

香芝市お話ローソクの会のベテランの方々の語りも聞けますよ!

PageTop

図書館おはなし会のお知らせ

香芝市お話ローソクの会の一員として、香芝市民図書館の9月のおはなし会を担当します。

9月14日(土)
14:30~ 小さい子むけ
15:00~ 大きい子むけ

小さい子むけでは、相方さんが「ちいちゃい ちいちゃい」などを語る予定。
大きい子むけでは、「くるみわりのケイト」を久々に語ります。
それから手遊びや絵本も……・

ぜひ、親子で、お出かけください。

仕上がりは……、当日までにはなんとか……がんばります(笑)!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「くるみわりのケイト」は、たぶん、7~8年ほど前に、昔ばなし大学語りコースで語って以来。
語ってみて、いまいち?っていう感じだったので、そのうち、もう一度、ちゃんと時間をとって、自分のものにしたいなと思いながら、そのまま、お蔵入りになっていました。

本当に久々。
なおかつ、子どもの前では、たぶん初めて……?
……あぁ、そう思うと緊張してくるなぁ……ドキドキ……。
もちろん、聞き手のみなさんに楽しんでもらえたらと思いますが、個人的には、前回語った時のいまいち感を払拭できるといいな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仕事をもっていて日程調整が難しいので、図書館のおはなし会は、年に一度、9月だけ担当させてもらいます。

定期的に子どもの前で語る機会を持てないので、どのお話も、ぱっと覚えて、ぱっと語っておしまい。
子どもの前で何度も語って熟成させる……というのが理想ですし、実践を重ねて、うまくなるものなので、今は、語り手としてはあるまじき状況です。
ほんとうはもう少し語る機会があるといいな……と思うけど、いかんせん……。

まぁ、それは、退職後の夢の一つにしておきます。(この年になって、まだまだ、将来の夢がたくさん!といっても、ささやかな夢ばかりですけど……(笑))

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

語り手としては、実践経験が少なすぎる私ですが、今年も、語りの講座をさせてもらうことになりました。
今年は、絵本と語りの両方で、富田林市の図書館にお邪魔いたします。よろしくお願いします。

図書館員さんとのつながりが、ありがたいことに、なんだか、どんどん数珠つなぎになってきていまして。
○○図書館の○○さんから聞いて……と依頼がくるというのは、とてもうれしいものですね。

そんなわけで、楽しみだけど、でも、プレッシャーはものすごい……、でも、楽しみ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おっと、まずは、おはなし会。
最後の追い込み。がんばろ。





PageTop
子どもたちへ 本を届けよう 子どもたちへ 本を届けよう 2013年09月

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

よみきかせとストーリーテリング講座

富田林市立図書館 子育て支援と子ども読書推進事業

子どもと本の架け橋になろう!~よみきかせとストーリーテリング~(全6回)

 子どもたちは、絵本を読んでもらうこと、お話をきくことがたいへん好きです。そこにたのしさやおもしろさがあるからでしょう。
 耳から本の世界をたのしむことは、子どもたちがことばを自分のものにし、読書の習慣を身につけていくうえで欠かすことのできないことです。

 わが子や孫に、あるいはボランティアとして多くの子どもたちに、本のたのしい世界を届けてみませんか。
 
第Ⅰ部「絵本のよみきかせ」講師: 神村朋佳氏(大阪樟蔭女子大学児童学部講師)

第1回(10/2) 「絵本のみかた」
第2回(10/16) 「絵本のよみかた」
第3回(10/30) 「よみきかせをたのしむ子どもたち~現場からの報告~」

第Ⅱ部「ストーリーテリング(おはなし)」講師: 神村朋佳氏(大阪樟蔭女子大学児童学部講師)

第1回(11/20) 「ストーリーテリングとは」
第2回(12/4) 「おはなしを選ぶ・ととのえる・イメージを広げる」
第3回(12/18) 「おはなし会(おはなしをたのしむ)」 富田林おはなしの会

時間はいずれも午前10時~12時
富田林市立金剛図書館

お問合せ・お申込みは金剛図書館(高辺台2-1-2)まで。℡28-1171

終了しました。講座を終えての感想は↓の関連記事で。
関連記事→ありがとうございました!!(2013/12/23)


関連記事

PageTop

香芝市民図書館おはなし会2

香芝市民図書館の9月のおはなし会を担当しました。大きい子向けプログラムを紹介します。

小さい子向けプログラムはこちら↓
関連記事→香芝市民図書館おはなし会1

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *
大きい子むけ (14:30~)

絵 本  * びっくりまつぼっくり  作:多田 多恵子 絵:堀川 理万子(福音館書店、2010年)
おはなし * クルミわりのケイト  「おはなしのろうそく10」(東京子ども図書館)
絵 本  * くるくるくるみ    作・絵:松岡 達英(そうえん社、2007年)
       木の実とともだち   作・絵: 作・絵: 下田 智美(偕成社、1996)
絵 本  * びくびくビリー    アンソニー・ブラウン(評論社)

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *

イギリスの昔話「くるみわりのケイト」は、昔話らしいお話です。
三回の繰り返しがあり、すべての物事が、ぴたっと見事に、ところを得ておさまってゆくハッピーエンド。
ドキドキハラハラもちょっぴりあり、王様のお城、緑の森、緑の丘、妖精の舞踏会と、道具立てもファンタステッィック。
お話に入り込むと、ほんとうに、夢のような雰囲気を味わうことができます。

主人公は明るくて、勇気があって、けなげで、ついつい肩入れしたくなるし、継母ものでありながら、義理の姉妹どうしの仲が良く、あまり陰湿な感じがないのも○。

イギリスらしい雰囲気も十分味わえて、大好きなお話の一つです。

聞いて下さった方が、すとん、すとんと胸に落ちるお話やね、とうれしい感想を。まさにその通り。
初心者も、経験者も、語りやすく、それでいて、満足感をしっかり味わえると思います。

「クルミわりのケイト」をプログラムのメインに。
語るのが久々でちょっと不安だったので、気合を入れるために、イギリスの田園風景をイメージして、緑系の服に羊さんのブローチを。気分を盛り上げてお話に臨みました(笑)。

お話ローソクの会_convert_20130917185225


「くるみわりのケイト」はこちらの本に入っています。

だめといわれてひっこむな (愛蔵版おはなしのろうそく (5))だめといわれてひっこむな (愛蔵版おはなしのろうそく (5))
(2001/09)
東京子ども図書館

商品詳細を見る



*   *   *   *   *   *   *   *   *   *

最初に導入として、この絵本。

びっくりまつぼっくり (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)びっくりまつぼっくり (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)
(2010/09/10)
多田多恵子

商品詳細を見る


そして、「くるみわりのケイト」のあとで、2冊の絵本を紹介しました。

くるくるくるみ (そうえん社・日本のえほん)くるくるくるみ (そうえん社・日本のえほん)
(2007/09)
松岡 達英

商品詳細を見る


木の実とともだち―みつける・たべる・つくる木の実とともだち―みつける・たべる・つくる
(1996/10)
松岡 達英、下田 智美 他

商品詳細を見る
様々な木の実、果実の美しく細やかな絵が美しく見ごたえあり。
動物たちが木の実について教えてくれます。木の実で作るおもちゃや、おいしいものもたくさん。秋の収穫の季節に。


最後に「びくびくビリー」を読みました。

びくびくビリー (児童図書館・絵本の部屋)びくびくビリー (児童図書館・絵本の部屋)
(2006/09)
アンソニー ブラウン

商品詳細を見る


たくさんの方が来て下さって、楽しいおはなし会でした。まぁなんとか、ちゃんとできてほっとしています。
ありがとうございました!そして、また来年!



PageTop

香芝市民図書館おはなし会1

香芝市民図書館 9月のおはなし会



小さい子むけ (14:00~)

手遊び  * 二羽の小鳥 ちっちとぴっぴ  (マザーグースより)
おはなし * ちいちゃいちいちゃい      「イギリスとアイルランドの昔話」岩波書店
絵 本  * ほね、ほね、きょうりゅうのほね バイロン・バートン(インターコミュニケーションズ)
手遊び  * ゆびのたいそう
おはなし * ヤギとコオロギ         「子どもに語るイタリアの昔話」こぐま書店


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

お話は次のの2冊の本に入っています。

イギリスとアイルランドの昔話 (福音館文庫 昔話)イギリスとアイルランドの昔話 (福音館文庫 昔話)
(2002/06/20)
石井 桃子、 他

商品詳細を見る


子どもに語るイタリアの昔話子どもに語るイタリアの昔話
(2003/06)
平田 美恵子

商品詳細を見る


ほね、ほね、きょうりゅうのほねほね、ほね、きょうりゅうのほね
(1998/02)
バイロン・バートン

商品詳細を見る
ほねはないか、ほねはないか、きょうも ほねを さがしてあるく……。
とても調子のよい簡単な言葉でつづられていますが、骨を発掘し、洗浄して、博物館に運び、恐竜の骨を組み立てるまでの過程がきちんと描かれていて、幼い子から大きき子まで楽しめます。


ホネホネたんけんたいホネホネたんけんたい
(2008/02)
松田 素子、西澤 真樹子 他

商品詳細を見る
アートのように美しいホネ標本の写真がたくさん。
子どもから大人まで、わぁ、へぇ~、ほぉ~となります。こわがらないで手にとってみて。大阪周辺にお住まいの方は、ぜひ、長居公園にある自然史博物館へ足を運んでみて。実物と出会えますよ。



大きい子むけのプログラムは次で……。



PageTop

香芝 ストーリーテリング講座

香芝市民図書館の講座のお知らせです。

ストーリーテリング入門講座

10/4(金) お話について お話ってなに?

10/11(金) お話を選ぶ どんなお話がいいかな?

11/1(金) おぼえること ちょっと頭を耕して楽しくおぼえよう

11/15(金) お話の実際 さあやってみよう

11/29(金) おはなし会

講師:川原榮子氏(香芝お話ローソクの会代表)
時間:いずれも10:00~11:30
受講料:無料

図書館カウンターで直接、または、77-1600までお電話でお申し込みを。

楽しいお話もたくさん聞けるし、経験豊富な方ならではの、子どもたちにお話を届けたときのことや、お話にまつわるエピソードも、色々話してくださるそうです。

香芝市お話ローソクの会のベテランの方々の語りも聞けますよ!

PageTop

図書館おはなし会のお知らせ

香芝市お話ローソクの会の一員として、香芝市民図書館の9月のおはなし会を担当します。

9月14日(土)
14:30~ 小さい子むけ
15:00~ 大きい子むけ

小さい子むけでは、相方さんが「ちいちゃい ちいちゃい」などを語る予定。
大きい子むけでは、「くるみわりのケイト」を久々に語ります。
それから手遊びや絵本も……・

ぜひ、親子で、お出かけください。

仕上がりは……、当日までにはなんとか……がんばります(笑)!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「くるみわりのケイト」は、たぶん、7~8年ほど前に、昔ばなし大学語りコースで語って以来。
語ってみて、いまいち?っていう感じだったので、そのうち、もう一度、ちゃんと時間をとって、自分のものにしたいなと思いながら、そのまま、お蔵入りになっていました。

本当に久々。
なおかつ、子どもの前では、たぶん初めて……?
……あぁ、そう思うと緊張してくるなぁ……ドキドキ……。
もちろん、聞き手のみなさんに楽しんでもらえたらと思いますが、個人的には、前回語った時のいまいち感を払拭できるといいな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仕事をもっていて日程調整が難しいので、図書館のおはなし会は、年に一度、9月だけ担当させてもらいます。

定期的に子どもの前で語る機会を持てないので、どのお話も、ぱっと覚えて、ぱっと語っておしまい。
子どもの前で何度も語って熟成させる……というのが理想ですし、実践を重ねて、うまくなるものなので、今は、語り手としてはあるまじき状況です。
ほんとうはもう少し語る機会があるといいな……と思うけど、いかんせん……。

まぁ、それは、退職後の夢の一つにしておきます。(この年になって、まだまだ、将来の夢がたくさん!といっても、ささやかな夢ばかりですけど……(笑))

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

語り手としては、実践経験が少なすぎる私ですが、今年も、語りの講座をさせてもらうことになりました。
今年は、絵本と語りの両方で、富田林市の図書館にお邪魔いたします。よろしくお願いします。

図書館員さんとのつながりが、ありがたいことに、なんだか、どんどん数珠つなぎになってきていまして。
○○図書館の○○さんから聞いて……と依頼がくるというのは、とてもうれしいものですね。

そんなわけで、楽しみだけど、でも、プレッシャーはものすごい……、でも、楽しみ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おっと、まずは、おはなし会。
最後の追い込み。がんばろ。





PageTop