fc2ブログ

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

My Works5 紀要掲載

語るための再話を考える―翻訳テキストの比較から―

冊子『子ども研究』に原稿を掲載していただきました。

「語るための再話を考える-翻訳テキストの比較から-」
『子ども研究』vol.5 pp..21-30 
(大阪樟蔭女子大学附属子ども研究所 2014年8月)

    *     *     *     *

 図書館などでストーリーテリングの講座をするに際して、考えたり、準備したり、お話してきたりしたことを少しまとめておきたいと思ったことから生まれたものです。これまでにご縁をいただいた図書館関係者の皆さま、受講者の皆さまに感謝。

 昔話を語る=ストーリーテリングに適したテキストとはどんなものか、テキストをどのように吟味するのか、テキストを整えるとはどういうことか、また、その際に、どのような知識や技術が必要かを、具体的なテキストの比較、検討によって明らかにし、語るための再話について考えていきたい…・・・。
 …・・・ということで、まずは、よく知られたグリム兄弟の昔話から、「オオカミと七匹の子ヤギ」について、複数の翻訳テキストを比較し、翻訳における様々な問題や疑問について、考えてみました。



PageTop

読書会のお知らせ

毎日暑い日が続きますね。
大阪樟蔭女子大学児童学科の神村研究室では、卒業生や図書館員の方と一緒に月に一回読書会をひらいています。

8月は一回お休みといたします。
次回は……。

9月6日(土)
19:00より

お題は……「ムーミン」シリーズとなりました。

物語性が高い作品ではないので、少しゆとりがないと作品世界に入りきれないし、この暑さのなかでは脳内避暑としてうってつけではないでしょうか。

ちまたでは、キャラクターとしてのムーミンが大人気ですが、一通り読んだことのある人はほとんどいないのではないか、さらに、ヤンソンさんのムーミン以外の仕事にもふれたことのある人は……と疑っています。
だって、なかなか読めないんだもの……。

実は、息子に読み聞かせるために、ほぼ全巻、音読で読み切ったことがありますが、その時、はじめて、ムーミンの世界に浸り切ることができました。
それまでは、うわっつらしか読んでいなかったなぁ……と思います。
そんな作品、なんです。

ですから、侮らないで、読んでみてくださいね。
ターゲットを決めておかないと、話も散漫になるし、ということで、この読書会は、ちゃんとどれか一つと決めて、絶対読んでくる式にしたいと思っています。

好きやけど、そういえば、ちゃんと読んでない気がするなぁ……という方。
身につまされることも多いし、笑いや喜びもたくさんありますが、その背景にある、ときに哲学的な深遠な世界や、茫漠とした世界に身をゆだね漂うような感覚、広くて深い世界にふれられます。
ぜひ、お読みください。

では、暑さに負けず、がんばりましょう!



ムーミン童話全集 全8巻+別巻ムーミン童話全集 全8巻+別巻
(1992/09/14)
トーベ ヤンソン

商品詳細を見る




PageTop
子どもたちへ 本を届けよう 子どもたちへ 本を届けよう 2014年08月

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

My Works5 紀要掲載

語るための再話を考える―翻訳テキストの比較から―

冊子『子ども研究』に原稿を掲載していただきました。

「語るための再話を考える-翻訳テキストの比較から-」
『子ども研究』vol.5 pp..21-30 
(大阪樟蔭女子大学附属子ども研究所 2014年8月)

    *     *     *     *

 図書館などでストーリーテリングの講座をするに際して、考えたり、準備したり、お話してきたりしたことを少しまとめておきたいと思ったことから生まれたものです。これまでにご縁をいただいた図書館関係者の皆さま、受講者の皆さまに感謝。

 昔話を語る=ストーリーテリングに適したテキストとはどんなものか、テキストをどのように吟味するのか、テキストを整えるとはどういうことか、また、その際に、どのような知識や技術が必要かを、具体的なテキストの比較、検討によって明らかにし、語るための再話について考えていきたい…・・・。
 …・・・ということで、まずは、よく知られたグリム兄弟の昔話から、「オオカミと七匹の子ヤギ」について、複数の翻訳テキストを比較し、翻訳における様々な問題や疑問について、考えてみました。



PageTop

読書会のお知らせ

毎日暑い日が続きますね。
大阪樟蔭女子大学児童学科の神村研究室では、卒業生や図書館員の方と一緒に月に一回読書会をひらいています。

8月は一回お休みといたします。
次回は……。

9月6日(土)
19:00より

お題は……「ムーミン」シリーズとなりました。

物語性が高い作品ではないので、少しゆとりがないと作品世界に入りきれないし、この暑さのなかでは脳内避暑としてうってつけではないでしょうか。

ちまたでは、キャラクターとしてのムーミンが大人気ですが、一通り読んだことのある人はほとんどいないのではないか、さらに、ヤンソンさんのムーミン以外の仕事にもふれたことのある人は……と疑っています。
だって、なかなか読めないんだもの……。

実は、息子に読み聞かせるために、ほぼ全巻、音読で読み切ったことがありますが、その時、はじめて、ムーミンの世界に浸り切ることができました。
それまでは、うわっつらしか読んでいなかったなぁ……と思います。
そんな作品、なんです。

ですから、侮らないで、読んでみてくださいね。
ターゲットを決めておかないと、話も散漫になるし、ということで、この読書会は、ちゃんとどれか一つと決めて、絶対読んでくる式にしたいと思っています。

好きやけど、そういえば、ちゃんと読んでない気がするなぁ……という方。
身につまされることも多いし、笑いや喜びもたくさんありますが、その背景にある、ときに哲学的な深遠な世界や、茫漠とした世界に身をゆだね漂うような感覚、広くて深い世界にふれられます。
ぜひ、お読みください。

では、暑さに負けず、がんばりましょう!



ムーミン童話全集 全8巻+別巻ムーミン童話全集 全8巻+別巻
(1992/09/14)
トーベ ヤンソン

商品詳細を見る




PageTop