fc2ブログ

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

鶴岡真弓氏・斎藤惇夫氏の講演など

日本イギリス児童文学会第47回研究大会
--Only Connect 子どもと本をつなぐ--


2017年10月28日-29日
東京女子大学にて 


一般参加も可能です。
今年もとても興味深いプログラムです。

基調講演①
講師:斎藤 惇夫氏 「図書館で学んだこと」
基調講演②
講師:鶴岡 真弓氏
「“成りつあることBecoming”を見つめるケルト的想像力――『ケルズの書』から「アーサ王の剣」まで ―― 」


*パフォーマンス:アイルランド講談 (講談師:桃川鶴丸氏)


ラウンドテーブル
A: 国境を超えて:翻訳と編集出版 (子どもと未来へのメッセージ)
さくま ゆみこ氏( 翻訳者)×村中 李衣(ノートルダム清心女子大 )

B: 世代を超えて:選書と名作(古典・名作の絵本や物語をどう読み継ぐか)
依田 和子氏(日本図書館協会 児童青年委員会)×白井 澄子氏(白百合女大)

C: メディアを超えて :児童文学と少女マンガ (『トムは真夜中の庭で』を 中心 に)
川端 有子氏(日本女大)×川原 和子氏(マンガエッセイスト )


プログラムPDF版日本イギリス児童文学会第47回研究大会「Only Connect --子どもと本をつなぐ--」プログラム

より詳しくは学会サイトをご覧ください。→日本イギリス児童文学


関連記事

PageTop

My Works8 紀要掲載

大阪樟蔭女子大学附属子ども研究所が発行する冊子に掲載いただきました。

pp.32-38
語るための再話:「ジェミー・フリールと若い娘」
『子ども研究 Vol.8』 大阪樟蔭女子大学附属 子ども研究所 平成29年8月20日発行


W.B.イエイツ編、井村君江編訳『ケルト妖精物語』(ちくま文庫、1986)所収の「ジェミー・フリールと若い娘」というお話を再話しました。
昨年、同じ冊子vol.7に掲載の「研究ノート」と姉妹編となるものですが、諸事情により同時掲載できませんでしたので、再投稿しました。
掲載時期がずれましたが、そのおかげで、その後の調査で分かったことなども反映させて、今回、大幅に改稿することができました(その直後に、また修正の必要な点が見つかりまして……(笑)。機会があれば、訂正しようと思います……)。

昨年掲載の「研究ノート」には、アイルランドの昔話の再話にどのような難点があり、どのような点に留意して修正を施したか、どのような発見があったかをまとめました。↓のリンクより関連記事③も合わせてお読みください。

昨年の大人のおはなし会で、このお話を実際に語ってみています。その時のことについては、↓のリンクより関連記事①②も合わせてお読み下さるとよいかと思います。
大人のおはなし会で聴いて下さった皆さま、いつもお世話になっております香芝お話ローソクの会の皆さまに感謝申し上げます。

この夏、このお話の舞台であるアイルランドのダブリンとドニゴールに行ってきました。
まだ帰国したばかりで、色々なことが整理できていませんが、また、何かの機会にご報告できるといいなと思っています。


DSC_3325_convert_20170909182107.jpg




関連記事①→大人のおはなし会・朗読劇のお知らせ
関連記事②→講座、大人のお話会、ありがとうございました!
関連記事③→My Works6 紀要掲載





PageTop

仕事のプロフィール

神村 朋佳(かみむら ともか)

山口女子大学(現 山口県立大学)児童文化学科、白百合女子大学文学研究科児童文学専攻修士課程、博士課程にて、児童文化と児童文学について学んできました。

大阪樟蔭女子大学児童学科で児童文化と児童文学の講師をするかたわら、図書館や学校などで、ストーリーテリングや絵本の読み聞かせをして、子どもたちに本やお話を届けています。

►資格など
・図書館司書 <複数の専門学校、高校での司書経験があります>
・小澤昔ばなし大学再話者協会会員 (2014年9月認定)

►所属学会・研究会
・日本児童文学学会
・日本イギリス児童文学会
   西日本支部運営委員、紀要編集委員、理事など歴任

・丹波昔ばなし大学再話研究会 (小澤昔ばなし研究所)
・英語圏児童文学研究会ccle <第二期>
・奈良アイルランド語研究会

►社会活動・ボランティアなど
・奈良県地域の子育て支援大学ネットワーク会議委員
・門真市子ども読書推進活動計画審議会(委員長)
・大阪市就学前児童健全育成プログラム策定に向けたフィールドワーク(絵本分野)指導講師

・香芝市お話ローソクの会
・二上小学校図書ボランティア
  その他、子どもと関わるボランティアや子育て支援事業などの経験多数。

研究室では、大体、月に一回、絵本や子どもの本の読書会をひらいています。
卒業生や近隣の図書館の司書の方と楽しく読書をしています。参加者募集中!!

研究者情報・研究業績→reserchmap 神村 朋佳

Facebookをやっています。→神村 朋佳 Facebookページ

よろしくお願いいたします。

PageTop

図書館のおはなし会

おはなし会のお知らせです。
毎年、年に1回だけ、担当させてもらっています。

香芝市民図書館 おはなし会
9月23日(土)15:00~


今回は、『子どもに語るアイルランドの昔話』(渡部洋子・茨木啓子編訳 こぐま社)より「妖精とめ牛」を語ろうと思います(まだ覚えていませんが……相変わらずの自転車操業です……)。

農夫が、盗まれた牛を取り返そうと、妖精の丘に入って行くと……。

美しい妖精たちが踊っていました。

そこで農夫は、なんと、妖精の笛吹きに、「ホーンパイプをやってくれ」とリクエスト。
音楽にあわせて楽しく踊り出します。

おかげですっかり妖精に気に入られて、農夫の一家は末永く幸せに……。

こんなお話です。
「ホーンパイプ」はアイルランドの伝統的なダンス音楽です。
そこで、今回は、お話を語るとともに、ティン・ホイッスルで「ホーンパイプ」を吹いてみようと思います。





PageTop
子どもたちへ 本を届けよう 子どもたちへ 本を届けよう 2017年09月

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

鶴岡真弓氏・斎藤惇夫氏の講演など

日本イギリス児童文学会第47回研究大会
--Only Connect 子どもと本をつなぐ--


2017年10月28日-29日
東京女子大学にて 


一般参加も可能です。
今年もとても興味深いプログラムです。

基調講演①
講師:斎藤 惇夫氏 「図書館で学んだこと」
基調講演②
講師:鶴岡 真弓氏
「“成りつあることBecoming”を見つめるケルト的想像力――『ケルズの書』から「アーサ王の剣」まで ―― 」


*パフォーマンス:アイルランド講談 (講談師:桃川鶴丸氏)


ラウンドテーブル
A: 国境を超えて:翻訳と編集出版 (子どもと未来へのメッセージ)
さくま ゆみこ氏( 翻訳者)×村中 李衣(ノートルダム清心女子大 )

B: 世代を超えて:選書と名作(古典・名作の絵本や物語をどう読み継ぐか)
依田 和子氏(日本図書館協会 児童青年委員会)×白井 澄子氏(白百合女大)

C: メディアを超えて :児童文学と少女マンガ (『トムは真夜中の庭で』を 中心 に)
川端 有子氏(日本女大)×川原 和子氏(マンガエッセイスト )


プログラムPDF版日本イギリス児童文学会第47回研究大会「Only Connect --子どもと本をつなぐ--」プログラム

より詳しくは学会サイトをご覧ください。→日本イギリス児童文学


関連記事

PageTop

My Works8 紀要掲載

大阪樟蔭女子大学附属子ども研究所が発行する冊子に掲載いただきました。

pp.32-38
語るための再話:「ジェミー・フリールと若い娘」
『子ども研究 Vol.8』 大阪樟蔭女子大学附属 子ども研究所 平成29年8月20日発行


W.B.イエイツ編、井村君江編訳『ケルト妖精物語』(ちくま文庫、1986)所収の「ジェミー・フリールと若い娘」というお話を再話しました。
昨年、同じ冊子vol.7に掲載の「研究ノート」と姉妹編となるものですが、諸事情により同時掲載できませんでしたので、再投稿しました。
掲載時期がずれましたが、そのおかげで、その後の調査で分かったことなども反映させて、今回、大幅に改稿することができました(その直後に、また修正の必要な点が見つかりまして……(笑)。機会があれば、訂正しようと思います……)。

昨年掲載の「研究ノート」には、アイルランドの昔話の再話にどのような難点があり、どのような点に留意して修正を施したか、どのような発見があったかをまとめました。↓のリンクより関連記事③も合わせてお読みください。

昨年の大人のおはなし会で、このお話を実際に語ってみています。その時のことについては、↓のリンクより関連記事①②も合わせてお読み下さるとよいかと思います。
大人のおはなし会で聴いて下さった皆さま、いつもお世話になっております香芝お話ローソクの会の皆さまに感謝申し上げます。

この夏、このお話の舞台であるアイルランドのダブリンとドニゴールに行ってきました。
まだ帰国したばかりで、色々なことが整理できていませんが、また、何かの機会にご報告できるといいなと思っています。


DSC_3325_convert_20170909182107.jpg




関連記事①→大人のおはなし会・朗読劇のお知らせ
関連記事②→講座、大人のお話会、ありがとうございました!
関連記事③→My Works6 紀要掲載





PageTop

仕事のプロフィール

神村 朋佳(かみむら ともか)

山口女子大学(現 山口県立大学)児童文化学科、白百合女子大学文学研究科児童文学専攻修士課程、博士課程にて、児童文化と児童文学について学んできました。

大阪樟蔭女子大学児童学科で児童文化と児童文学の講師をするかたわら、図書館や学校などで、ストーリーテリングや絵本の読み聞かせをして、子どもたちに本やお話を届けています。

►資格など
・図書館司書 <複数の専門学校、高校での司書経験があります>
・小澤昔ばなし大学再話者協会会員 (2014年9月認定)

►所属学会・研究会
・日本児童文学学会
・日本イギリス児童文学会
   西日本支部運営委員、紀要編集委員、理事など歴任

・丹波昔ばなし大学再話研究会 (小澤昔ばなし研究所)
・英語圏児童文学研究会ccle <第二期>
・奈良アイルランド語研究会

►社会活動・ボランティアなど
・奈良県地域の子育て支援大学ネットワーク会議委員
・門真市子ども読書推進活動計画審議会(委員長)
・大阪市就学前児童健全育成プログラム策定に向けたフィールドワーク(絵本分野)指導講師

・香芝市お話ローソクの会
・二上小学校図書ボランティア
  その他、子どもと関わるボランティアや子育て支援事業などの経験多数。

研究室では、大体、月に一回、絵本や子どもの本の読書会をひらいています。
卒業生や近隣の図書館の司書の方と楽しく読書をしています。参加者募集中!!

研究者情報・研究業績→reserchmap 神村 朋佳

Facebookをやっています。→神村 朋佳 Facebookページ

よろしくお願いいたします。

PageTop

図書館のおはなし会

おはなし会のお知らせです。
毎年、年に1回だけ、担当させてもらっています。

香芝市民図書館 おはなし会
9月23日(土)15:00~


今回は、『子どもに語るアイルランドの昔話』(渡部洋子・茨木啓子編訳 こぐま社)より「妖精とめ牛」を語ろうと思います(まだ覚えていませんが……相変わらずの自転車操業です……)。

農夫が、盗まれた牛を取り返そうと、妖精の丘に入って行くと……。

美しい妖精たちが踊っていました。

そこで農夫は、なんと、妖精の笛吹きに、「ホーンパイプをやってくれ」とリクエスト。
音楽にあわせて楽しく踊り出します。

おかげですっかり妖精に気に入られて、農夫の一家は末永く幸せに……。

こんなお話です。
「ホーンパイプ」はアイルランドの伝統的なダンス音楽です。
そこで、今回は、お話を語るとともに、ティン・ホイッスルで「ホーンパイプ」を吹いてみようと思います。





PageTop