fc2ブログ

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

ファクトフルネス

『Factfulness ファクトフルネス』




いい本でした。
ビル・ゲイツも絶賛とかで、ビジネス書として紹介されているようですが……。
そういう枠やタイトルにとらわれず、多くの方に読んでみてほしい、おすすめしたい、と思える本でした。

物事のみかた、とらえかたがいかに偏りやすいものか、それを避けるにはどんなことに注意すればいいか……。
それを、角度を変えつつ、繰り返し、丁寧に説き明かしていく。
……要約すればただそれだけ、なのですが。

平易で明快な語り口。
全編に通低する誠実さ、あたたかさ。
人類へのゆるぎない信頼と未来への希望……。
行間からにじみ、あふれ、伝わってくる力に、読み進めるほどに、静かに、けれども強く、深く、心を動かされます。

いわゆるロジカル・シンキング、安易なポジティブ・シンキング、よくある行動経済学的な本とは、なぜか似て非なる読後感。
心に響く読書体験でした。

高校生でも十分読めそうなので息子にもおすすめしたんだけど、あんまり感動しすぎたせいでうまく説明できず……。わたしがおすすめした中から、彼は先にアリエリー『予想通りに不合理』を手に取りました。



こちらは少々旧聞でして。
いわゆる行動経済学の本、です。

人は「無料」という言葉にどのくらい弱いか、性的興奮がどのくらい判断を誤らせるか、
人の評価がいかにあやふやなものか、ボランティアと仕事の違い、等々。
面白実験、目白押し。

読めば誰しも、身につまされるところがいくつかあるのではないでしょうか。
人間って愚かだな、人間ってなんて愛おしいんだろう……なんて感慨ももよおしつつ、興味深く読めることうけあい。
そして、人間の行動原理についての理解を深めつつ、より望ましい結果を導くためにはどうするべきかを考えるヒントを見つけることができます。


PageTop

柴田元幸先生講演会(速報)

お世話になっている日本イギリス児童文学会で、柴田元幸先生をお招きしての講演会を予定しています。

柴田元幸氏はアメリカ現代文学を中心に、かなり幅広く英米文学の研究、翻訳をされています。
著書、訳書は数えきれないほど……。

子どもの本に近いところでも、マーク・トウェイン『ハックルベリー・フィンの冒けん』、エドワード・ゴーリーの絵本……などなどを手掛けられています。

それから、翻訳や文学にまつわるエッセイもとっても面白くて、おすすめ!
そして、そうしたご著書では、きたむらさとしさん(イギリスを拠点に活躍するイラストレーター、絵本作家)とのコラボが、とても相性がよくて素敵なんです。
↓ほら、こんな風。



どこを切ってもきっと面白い講演会になるはずで、私自身も、とても楽しみにしています。
講演会にはどなたでも参加できます。
お楽しみに~!


西日本支部・2019年夏の講演会(速報)
********************************

日 時: 2019年6月8日(土) 午後から

場 所: 大谷学園 帝塚山学舎(「帝塚山 駅」から徒歩2分) 大阪市住吉区帝塚山中2-6-5
     www.ohtanigakuen.jp/tezukayamahouse/index.html

講 師: 柴田元幸先生

詳細は未定です。決まり次第、ご報告しますね。






日本イギリス児童文学会のHPにも情報が掲載されますのでご確認ください。
日本イギリス児童文学会/会員のみなさまへのお知らせ



関連記事

PageTop
子どもたちへ 本を届けよう 子どもたちへ 本を届けよう 2019年04月

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

ファクトフルネス

『Factfulness ファクトフルネス』




いい本でした。
ビル・ゲイツも絶賛とかで、ビジネス書として紹介されているようですが……。
そういう枠やタイトルにとらわれず、多くの方に読んでみてほしい、おすすめしたい、と思える本でした。

物事のみかた、とらえかたがいかに偏りやすいものか、それを避けるにはどんなことに注意すればいいか……。
それを、角度を変えつつ、繰り返し、丁寧に説き明かしていく。
……要約すればただそれだけ、なのですが。

平易で明快な語り口。
全編に通低する誠実さ、あたたかさ。
人類へのゆるぎない信頼と未来への希望……。
行間からにじみ、あふれ、伝わってくる力に、読み進めるほどに、静かに、けれども強く、深く、心を動かされます。

いわゆるロジカル・シンキング、安易なポジティブ・シンキング、よくある行動経済学的な本とは、なぜか似て非なる読後感。
心に響く読書体験でした。

高校生でも十分読めそうなので息子にもおすすめしたんだけど、あんまり感動しすぎたせいでうまく説明できず……。わたしがおすすめした中から、彼は先にアリエリー『予想通りに不合理』を手に取りました。



こちらは少々旧聞でして。
いわゆる行動経済学の本、です。

人は「無料」という言葉にどのくらい弱いか、性的興奮がどのくらい判断を誤らせるか、
人の評価がいかにあやふやなものか、ボランティアと仕事の違い、等々。
面白実験、目白押し。

読めば誰しも、身につまされるところがいくつかあるのではないでしょうか。
人間って愚かだな、人間ってなんて愛おしいんだろう……なんて感慨ももよおしつつ、興味深く読めることうけあい。
そして、人間の行動原理についての理解を深めつつ、より望ましい結果を導くためにはどうするべきかを考えるヒントを見つけることができます。


PageTop

柴田元幸先生講演会(速報)

お世話になっている日本イギリス児童文学会で、柴田元幸先生をお招きしての講演会を予定しています。

柴田元幸氏はアメリカ現代文学を中心に、かなり幅広く英米文学の研究、翻訳をされています。
著書、訳書は数えきれないほど……。

子どもの本に近いところでも、マーク・トウェイン『ハックルベリー・フィンの冒けん』、エドワード・ゴーリーの絵本……などなどを手掛けられています。

それから、翻訳や文学にまつわるエッセイもとっても面白くて、おすすめ!
そして、そうしたご著書では、きたむらさとしさん(イギリスを拠点に活躍するイラストレーター、絵本作家)とのコラボが、とても相性がよくて素敵なんです。
↓ほら、こんな風。



どこを切ってもきっと面白い講演会になるはずで、私自身も、とても楽しみにしています。
講演会にはどなたでも参加できます。
お楽しみに~!


西日本支部・2019年夏の講演会(速報)
********************************

日 時: 2019年6月8日(土) 午後から

場 所: 大谷学園 帝塚山学舎(「帝塚山 駅」から徒歩2分) 大阪市住吉区帝塚山中2-6-5
     www.ohtanigakuen.jp/tezukayamahouse/index.html

講 師: 柴田元幸先生

詳細は未定です。決まり次第、ご報告しますね。






日本イギリス児童文学会のHPにも情報が掲載されますのでご確認ください。
日本イギリス児童文学会/会員のみなさまへのお知らせ



関連記事

PageTop