fc2ブログ

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

金の本?銀の本?

子ども時代に読んだ懐かしい本。みなさんにもありますか?

子どもの本を仕事にしていると、たまに、本の探索を依頼されることがあります。

子ども時代にこれこれこういう本を繰り返し読んで、すごくよく覚えているんだけど、知っていますか?知りませんよね?
自分で調べてみたんだけど、なにも情報が出てこなくて……。
まぁ、タイトルも覚えてないから無理ですよね……みたいな。

こういう時こそ、図書館司書の面目躍如!
専門家としての腕の見せ所!!

子どもの頃の読書の記憶というのはとてもパーソナルです。
ある一場面やあるモティーフが、強烈に印象に残っている。
色や雰囲気が鮮烈に脳裏に焼きついている。
出てきた食べ物がおいしそうだった、お洋服が素敵だった。
体験したわけではないのに、その味やにおいや手触りまで覚えている気がする……。

ありありとその場面を思い出せるのに、子ども時代の言葉と語彙のレベルで体験されたことなので、理知的に説明できません。
そして、本の探索には必須と思われる、題名、作者名、あらすじ、主人公の名前などは、記憶されていないことがほとんどです。

子どもが全存在かけて、想像力を駆使して、本の世界に入りこんで体験したことなので、なかなか言語化しにくい……というだけでなく、さらには、本に書いてあることが、ものすごくふくらまされ、本よりも魅力的に記憶されていたりします。

きれいな挿絵がたくさんあった、カラフルだったと記憶しておられたのに、実際に本にあたってみると、白黒の小さな挿絵しかない、とか、色がついているのは表紙と口絵だけ......といった場合も少なくありません。

子どもの頃の読書って、だから特別だし、だから素晴らしいんです。

このたび、二年越しに、そういった探索本を、相談者にお渡しすることができました。
二年前に依頼されて、その時にすぐに本にはたどり着けました。

あなたの探している本はこの本ですか?

……『金のおの 銀のおの』の湖の女神の気分です。
きっと、相談者以上に、私の方がどきどきしているのではないかしら……。

このときは、幸いにして、ビンゴ!!(ふっふっふ、プロですから……(笑))
とても喜んでくださいました。

その時には、本が入手できず、図書館で借りてみてくださいとお伝えしていたのですが……。
先ごろふと思い出して、探してみたら、なんと、古本屋さんに出ているのを発見。

しかも、二年ぶりにお会いする機会があって、無事、お手渡しすることができました。ちょっとしたサプライズです。

それはそれは、司書冥利につきる、素晴らしい体験でした。
子どもの本に関わっていたよかったな、なんて幸せな仕事なんだろうと感じました。

探索した本はこちら。

『ビビ=ククのゆかいな旅』
作/メイ・ダランソン 訳/工藤みち子 絵/油野誠一 偕成社 昭和40年初版 (世界の子どもの本)
DSC_0177_convert_20191229173859.jpg

未読だったので、私もお渡しする前に読ませてもらいました。
少々時代を感じますが、子どもの心を満たす、児童文学らしい本でした。
久々に場面を味わいながら、ゆっくりと、子どものような読書を楽しみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

メンタルの不調で辛かった上半期を過ぎたら、恵みの多い下半期が待っていました。
たくさんの出会いやご縁をいただきながら、数年ごしに計画していたことが実現し、今、ひとつのサイクルがきれいに閉じるような不思議な感覚があります。
来年はどうなるのかなぁ……不安と期待が入り混じった心境です。

みなさま、今年一年、お世話になりました。心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。
また、来年もよろしくお願いいたします。
よいお年をおむかえください。




PageTop

せなけいこ展

「ねないこだれだ」、「いやだいやだ」の絵本
全作品、全ページの原画を大公開!

『ねないこだれだ』誕生50周年!
絵本原画250点、大集合!




小さい頃、こわいもの見たさで、気になって気になってたまらなかったあの絵本。
いやだ、いやだ、あーんあん、って言ったとき、言いたいとき。
仲間がいる気がしたり、おさな心に身につまされたりしたあの絵本。
なつかしいと感じる人がたくさんいるはず。
もう50歳になるんですね。
ということで、これほど大規模な原画展はおそらく初めてです。
冬休みの楽しみに。

大阪会場
会期 2019年12月18日(水)~2020年1月6日(月)
※1月1日は休

会場 阪急うめだギャラリー
阪急うめだ本店 9階

詳しくはこちら→せなけいこ展 公式サイト



クリスマス、お正月には、絵本セットやすごろくもいいかも?
みなさま、よいお年を!




PageTop
子どもたちへ 本を届けよう 子どもたちへ 本を届けよう 2019年12月

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

金の本?銀の本?

子ども時代に読んだ懐かしい本。みなさんにもありますか?

子どもの本を仕事にしていると、たまに、本の探索を依頼されることがあります。

子ども時代にこれこれこういう本を繰り返し読んで、すごくよく覚えているんだけど、知っていますか?知りませんよね?
自分で調べてみたんだけど、なにも情報が出てこなくて……。
まぁ、タイトルも覚えてないから無理ですよね……みたいな。

こういう時こそ、図書館司書の面目躍如!
専門家としての腕の見せ所!!

子どもの頃の読書の記憶というのはとてもパーソナルです。
ある一場面やあるモティーフが、強烈に印象に残っている。
色や雰囲気が鮮烈に脳裏に焼きついている。
出てきた食べ物がおいしそうだった、お洋服が素敵だった。
体験したわけではないのに、その味やにおいや手触りまで覚えている気がする……。

ありありとその場面を思い出せるのに、子ども時代の言葉と語彙のレベルで体験されたことなので、理知的に説明できません。
そして、本の探索には必須と思われる、題名、作者名、あらすじ、主人公の名前などは、記憶されていないことがほとんどです。

子どもが全存在かけて、想像力を駆使して、本の世界に入りこんで体験したことなので、なかなか言語化しにくい……というだけでなく、さらには、本に書いてあることが、ものすごくふくらまされ、本よりも魅力的に記憶されていたりします。

きれいな挿絵がたくさんあった、カラフルだったと記憶しておられたのに、実際に本にあたってみると、白黒の小さな挿絵しかない、とか、色がついているのは表紙と口絵だけ......といった場合も少なくありません。

子どもの頃の読書って、だから特別だし、だから素晴らしいんです。

このたび、二年越しに、そういった探索本を、相談者にお渡しすることができました。
二年前に依頼されて、その時にすぐに本にはたどり着けました。

あなたの探している本はこの本ですか?

……『金のおの 銀のおの』の湖の女神の気分です。
きっと、相談者以上に、私の方がどきどきしているのではないかしら……。

このときは、幸いにして、ビンゴ!!(ふっふっふ、プロですから……(笑))
とても喜んでくださいました。

その時には、本が入手できず、図書館で借りてみてくださいとお伝えしていたのですが……。
先ごろふと思い出して、探してみたら、なんと、古本屋さんに出ているのを発見。

しかも、二年ぶりにお会いする機会があって、無事、お手渡しすることができました。ちょっとしたサプライズです。

それはそれは、司書冥利につきる、素晴らしい体験でした。
子どもの本に関わっていたよかったな、なんて幸せな仕事なんだろうと感じました。

探索した本はこちら。

『ビビ=ククのゆかいな旅』
作/メイ・ダランソン 訳/工藤みち子 絵/油野誠一 偕成社 昭和40年初版 (世界の子どもの本)
DSC_0177_convert_20191229173859.jpg

未読だったので、私もお渡しする前に読ませてもらいました。
少々時代を感じますが、子どもの心を満たす、児童文学らしい本でした。
久々に場面を味わいながら、ゆっくりと、子どものような読書を楽しみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

メンタルの不調で辛かった上半期を過ぎたら、恵みの多い下半期が待っていました。
たくさんの出会いやご縁をいただきながら、数年ごしに計画していたことが実現し、今、ひとつのサイクルがきれいに閉じるような不思議な感覚があります。
来年はどうなるのかなぁ……不安と期待が入り混じった心境です。

みなさま、今年一年、お世話になりました。心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。
また、来年もよろしくお願いいたします。
よいお年をおむかえください。




PageTop

せなけいこ展

「ねないこだれだ」、「いやだいやだ」の絵本
全作品、全ページの原画を大公開!

『ねないこだれだ』誕生50周年!
絵本原画250点、大集合!




小さい頃、こわいもの見たさで、気になって気になってたまらなかったあの絵本。
いやだ、いやだ、あーんあん、って言ったとき、言いたいとき。
仲間がいる気がしたり、おさな心に身につまされたりしたあの絵本。
なつかしいと感じる人がたくさんいるはず。
もう50歳になるんですね。
ということで、これほど大規模な原画展はおそらく初めてです。
冬休みの楽しみに。

大阪会場
会期 2019年12月18日(水)~2020年1月6日(月)
※1月1日は休

会場 阪急うめだギャラリー
阪急うめだ本店 9階

詳しくはこちら→せなけいこ展 公式サイト



クリスマス、お正月には、絵本セットやすごろくもいいかも?
みなさま、よいお年を!




PageTop