fc2ブログ

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

読書会のご案内

研究室で、大体月に一回程度、読書会をひらいています。
次回の読書会のお知らせ。

『世界のはての少年』
ジェラルディン・マコックラン作 杉田七重訳
東京創元社 2019



実際に起こった出来事を元にした作品だそうです。
いわゆる無人島もの、サバイバルもの。
カーネギー賞受賞。

なんとなく前回からの流れで読んでみたいとの声。
YAが続いています。
楽しみ。

関連記事→『世界のはての少年』読了その後……


前回の『目覚めの森の美女』は、とても面白かったという感想と、読みにくかったという感想がありました。
昔話的、中世的世界観、古風で、植物のつるがのび広がりからみつくような文体、肝心なところを見せず語らず、どうなったかが分からないまま終わる短編連作、というところが、読者を選ぶでしょうか。

また、昔話の世界や価値観をそのまま踏襲しているような装いでありながら、本来の昔話をかなりひねってあります。
そのひねり具合が非常に巧妙で、元の話をかなりしっかり知っていないと、ひねりの面白さが分かりにくいかもしれません。

ディズニー映画などで知っているというだけだと、この作品は手ごわくて、期待していたものと違う、ということになりそうです。

耽美な世界、ぞっとするような美しさとこわさ、そして現代的なひねり。
すいすい読めないので、この世界にひたり、言葉のつらなりを味わいながら読んでみてください。

短編集ですが、各部の見出し、全体の構成など、一つのまとまりとして、トータルにデザインされています。
日本語版は「目覚めの森の美女」を全体のタイトルにもってきていてこれは秀逸。
挿画、装丁もよく、作者の意図を汲んで、全体に配慮が行き届いた翻訳出版だと感じました。







PageTop
子どもたちへ 本を届けよう 子どもたちへ 本を届けよう 2020年02月

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

読書会のご案内

研究室で、大体月に一回程度、読書会をひらいています。
次回の読書会のお知らせ。

『世界のはての少年』
ジェラルディン・マコックラン作 杉田七重訳
東京創元社 2019



実際に起こった出来事を元にした作品だそうです。
いわゆる無人島もの、サバイバルもの。
カーネギー賞受賞。

なんとなく前回からの流れで読んでみたいとの声。
YAが続いています。
楽しみ。

関連記事→『世界のはての少年』読了その後……


前回の『目覚めの森の美女』は、とても面白かったという感想と、読みにくかったという感想がありました。
昔話的、中世的世界観、古風で、植物のつるがのび広がりからみつくような文体、肝心なところを見せず語らず、どうなったかが分からないまま終わる短編連作、というところが、読者を選ぶでしょうか。

また、昔話の世界や価値観をそのまま踏襲しているような装いでありながら、本来の昔話をかなりひねってあります。
そのひねり具合が非常に巧妙で、元の話をかなりしっかり知っていないと、ひねりの面白さが分かりにくいかもしれません。

ディズニー映画などで知っているというだけだと、この作品は手ごわくて、期待していたものと違う、ということになりそうです。

耽美な世界、ぞっとするような美しさとこわさ、そして現代的なひねり。
すいすい読めないので、この世界にひたり、言葉のつらなりを味わいながら読んでみてください。

短編集ですが、各部の見出し、全体の構成など、一つのまとまりとして、トータルにデザインされています。
日本語版は「目覚めの森の美女」を全体のタイトルにもってきていてこれは秀逸。
挿画、装丁もよく、作者の意図を汲んで、全体に配慮が行き届いた翻訳出版だと感じました。







PageTop