fc2ブログ

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

秋の研究会

英語圏児童文学会西日本支部秋の研究会のお知らせ。

参加方法などの詳細、お申し込み受け付け→https://seminar01-2021-jsclewest.peatix.com/

チラシ(ダウンロードしてご活用ください)→秋の研究会チラシPDF


 



2021秋の研究会チラシ_convert_20210829193923
PageTop

お話会プログラム考え中!

 昨年はお休みでした。コロナ禍め!
・・・・・・というわけで、毎年恒例ですが、二年ぶりの図書館のお話会の担当です! どきどき。

 毎年、この時期は、大学の授業の成績評価の締切とプログラムの締切が重なり、いろいろ採点したり、処理を進めながら、頭の片隅で、どうしようかな~って考えたり、相方さんのご意向を探ったり……。
 そして、成績が終わったら、絵本や昔話の本を探索したり、ひもといたりして、考えていきます。

 絵本やお話、どうやって選んでいるの? よい本の基準は? おすすめは?
・・・・・・と、よく聴かれますが、ま、なかなかそう簡単に答えられるものではありません。経験と勘で、けっこう瞬時に判断を下していたりするし、それを言葉で説明するのは難しいな、と。
 プログラムができるまで……も、言葉にするとそれなりのストーリーになりそう・・・・・・。

 私は、語るのも読み聞かせするのももちろん好きだけど、でも、テーマや切り口を考えて、魅力的な本を選んで並べる、プログラム作りが、ものすごく好きかもしれません。
 お話には、大体、関連した絵本のブックトークと読み聞かせをつなげます。お話や本の組み合わせを考えているとき、そして、こういう本がないかな、と探して、ぴったりの絵本を見つけたとき、ものすごく楽しいんですよね。
 考えながら勝手に、いいプログラムだーと自画自賛しちゃいます(笑)。

 さて、今回は、相方さんが、さくっと日本の昔話を指定してくださったので、それに組み合わせるもの……ということで、あれこれ考えました。
 相方さんの選んだお話が、かっちりした日本の昔話だったので、今回は、それをメインに。

 そこで、私は、外国のお話で、短く軽く、幼い子どもにも分かるものを・・・・・・ということで、お話を選び、そのお話から展開できるブックトークを考えて、絵本をいくつかみつくろい、流れを作ります。
 そして、最後に、気持ちよくお話会を終われそうなしめの絵本も、あたりをつけました。

 いつかどこかでやりたいなとだいぶ前に目をつけていたけれども初めてのものと、これを機にテーマに沿って探索した新作、新ネタばかりですが、私はわりといつもそうなので問題なし。実践の回数が少ないからどうしてもそうなってしまうのですが・・・・・・。

 大体の流れができたところで、図書館さんにご報告。

 今回は、そんなわけで、アイルランドも音楽も歌もなし。妖精も魔女もなし。
・・・・・・そのかわりに、身近にある自然の不思議(Wonder)を楽しみたいと思います。

 9月に図書館で。お楽しみに~!
 終わったら、ここでもご報告しますね~。


PageTop

大学生への絵本紹介

 昨年から始まった非常勤の「絵本論」、「児童サービス論」。
 コロナ禍の影響で、いきなり、オンライン・オンデマンド型授業となりました……。絵本読み聞かせやお話の語りはすべて自撮りビデオで見てもらい、昨年は、結局、授業をするのにせいいっぱい。 余裕がないままに、すべてオンラインで終了しました。

 そして今年も、残念ながら、結局、オンラインになりましたが、学生さんから対面で絵本読み聞かせをしてほしいという声がちらほら……。対面授業はいつあるのですか?といった問い合わせもちらほら……。

 そこで、授業を終了したあとになってしまいましたが、おまけの補講をすることにしました。

 感染がまた再拡大しつつあったので、自由参加にして、無理に来なくていいですよとをお伝えしたので、参加者はそれほど多くありませんでしたが、私自身も、人前でたっぷり絵本を読むのは久しぶりで、嬉しい機会でした。

 1回目と2回目では、内容、順番が若干異なるのですが、あいまいな記憶をたどって、紹介した本をメモがわりに並べます。
 授業内で解説に即してたくさんの絵本を紹介し、補講は、あくまでおまけ。
 授業との関連をもたせて、補足的な解説もしましたが、わりと自由に気の向くままに選書しました。準備不足で、あまり目新しさのない、変わりばえのしないセレクトになってしまったのが残念。
 
 まずは、小学校でのテーマが指定されたお話会(平和学習)例として、授業で紹介したプログラムの再現。
 ↓のリンクから過去記事でご覧ください。


 →お話配達2年生・平和学習

 さて、そこからは、授業の補足もしつつ、思いつくままに絵本を読んでいきました。



















 まだほかにもあった気がしますが、記憶が曖昧ですみません。
 紹介したい本はまだまだありましたが、鞄の大きさと時間の長さには限りがありまして……。

 というわけで、今年は、第1回目とこの補講とであわせて2回、非常勤先にお邪魔することができましたが……。
 また、感染拡大が続いています。来年はどうなるでしょうか。

 猛暑続きですが、まず、なんとしてもこの夏を、無事、乗り切りたいものです。
 みなさま、ご自愛を。



PageTop
子どもたちへ 本を届けよう 子どもたちへ 本を届けよう 2021年08月

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

秋の研究会

英語圏児童文学会西日本支部秋の研究会のお知らせ。

参加方法などの詳細、お申し込み受け付け→https://seminar01-2021-jsclewest.peatix.com/

チラシ(ダウンロードしてご活用ください)→秋の研究会チラシPDF


 



2021秋の研究会チラシ_convert_20210829193923
PageTop

お話会プログラム考え中!

 昨年はお休みでした。コロナ禍め!
・・・・・・というわけで、毎年恒例ですが、二年ぶりの図書館のお話会の担当です! どきどき。

 毎年、この時期は、大学の授業の成績評価の締切とプログラムの締切が重なり、いろいろ採点したり、処理を進めながら、頭の片隅で、どうしようかな~って考えたり、相方さんのご意向を探ったり……。
 そして、成績が終わったら、絵本や昔話の本を探索したり、ひもといたりして、考えていきます。

 絵本やお話、どうやって選んでいるの? よい本の基準は? おすすめは?
・・・・・・と、よく聴かれますが、ま、なかなかそう簡単に答えられるものではありません。経験と勘で、けっこう瞬時に判断を下していたりするし、それを言葉で説明するのは難しいな、と。
 プログラムができるまで……も、言葉にするとそれなりのストーリーになりそう・・・・・・。

 私は、語るのも読み聞かせするのももちろん好きだけど、でも、テーマや切り口を考えて、魅力的な本を選んで並べる、プログラム作りが、ものすごく好きかもしれません。
 お話には、大体、関連した絵本のブックトークと読み聞かせをつなげます。お話や本の組み合わせを考えているとき、そして、こういう本がないかな、と探して、ぴったりの絵本を見つけたとき、ものすごく楽しいんですよね。
 考えながら勝手に、いいプログラムだーと自画自賛しちゃいます(笑)。

 さて、今回は、相方さんが、さくっと日本の昔話を指定してくださったので、それに組み合わせるもの……ということで、あれこれ考えました。
 相方さんの選んだお話が、かっちりした日本の昔話だったので、今回は、それをメインに。

 そこで、私は、外国のお話で、短く軽く、幼い子どもにも分かるものを・・・・・・ということで、お話を選び、そのお話から展開できるブックトークを考えて、絵本をいくつかみつくろい、流れを作ります。
 そして、最後に、気持ちよくお話会を終われそうなしめの絵本も、あたりをつけました。

 いつかどこかでやりたいなとだいぶ前に目をつけていたけれども初めてのものと、これを機にテーマに沿って探索した新作、新ネタばかりですが、私はわりといつもそうなので問題なし。実践の回数が少ないからどうしてもそうなってしまうのですが・・・・・・。

 大体の流れができたところで、図書館さんにご報告。

 今回は、そんなわけで、アイルランドも音楽も歌もなし。妖精も魔女もなし。
・・・・・・そのかわりに、身近にある自然の不思議(Wonder)を楽しみたいと思います。

 9月に図書館で。お楽しみに~!
 終わったら、ここでもご報告しますね~。


PageTop

大学生への絵本紹介

 昨年から始まった非常勤の「絵本論」、「児童サービス論」。
 コロナ禍の影響で、いきなり、オンライン・オンデマンド型授業となりました……。絵本読み聞かせやお話の語りはすべて自撮りビデオで見てもらい、昨年は、結局、授業をするのにせいいっぱい。 余裕がないままに、すべてオンラインで終了しました。

 そして今年も、残念ながら、結局、オンラインになりましたが、学生さんから対面で絵本読み聞かせをしてほしいという声がちらほら……。対面授業はいつあるのですか?といった問い合わせもちらほら……。

 そこで、授業を終了したあとになってしまいましたが、おまけの補講をすることにしました。

 感染がまた再拡大しつつあったので、自由参加にして、無理に来なくていいですよとをお伝えしたので、参加者はそれほど多くありませんでしたが、私自身も、人前でたっぷり絵本を読むのは久しぶりで、嬉しい機会でした。

 1回目と2回目では、内容、順番が若干異なるのですが、あいまいな記憶をたどって、紹介した本をメモがわりに並べます。
 授業内で解説に即してたくさんの絵本を紹介し、補講は、あくまでおまけ。
 授業との関連をもたせて、補足的な解説もしましたが、わりと自由に気の向くままに選書しました。準備不足で、あまり目新しさのない、変わりばえのしないセレクトになってしまったのが残念。
 
 まずは、小学校でのテーマが指定されたお話会(平和学習)例として、授業で紹介したプログラムの再現。
 ↓のリンクから過去記事でご覧ください。


 →お話配達2年生・平和学習

 さて、そこからは、授業の補足もしつつ、思いつくままに絵本を読んでいきました。



















 まだほかにもあった気がしますが、記憶が曖昧ですみません。
 紹介したい本はまだまだありましたが、鞄の大きさと時間の長さには限りがありまして……。

 というわけで、今年は、第1回目とこの補講とであわせて2回、非常勤先にお邪魔することができましたが……。
 また、感染拡大が続いています。来年はどうなるでしょうか。

 猛暑続きですが、まず、なんとしてもこの夏を、無事、乗り切りたいものです。
 みなさま、ご自愛を。



PageTop