fc2ブログ

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

子どもの本の店・おはなしの森

三重県津市の子どもの本専門店「おはなしの森さん」にお邪魔しました。

三重おはなしの森

津市の市街地のど真ん中、とてもアクセスしやすい場所にありながら、繁華課外ではないので、お店のまわりは落ち着いた雰囲気です。
見てのとおり、「ちいさいおうち」↓のような、シックでこじんまりとしたお店。

ちいさいおうちちいさいおうち
(1965/12/16)
ばーじにあ・りー・ばーとん

商品詳細を見る


お店の中も、それほど広いわけではありませんが、それぞれの棚に、厳選された本が、丁寧に並べられています。
あれもこれもある?!じゃない。どうしてこのなかにちゃんとおさまってるのかしら?……と、片づけ下手のわたしなどは不思議に思うほど……。

P1020829_convert_20140119171347.jpg

背の高い棚がなく、きれいに整頓されているので、たくさんの本に囲まれていてもまったく圧迫感はありません。
座ってじっくり選べるようテーブルと椅子も用意されていて、ゆとりのある配置。テーブルのアールのラインもいきていますね。
一冊一冊の本がところを得ておさまり、子どもたちが手を伸ばすのを待っているようでした。

楕円形のテーブル。右手は座って本を見ることができるスペース。左手のテーブルはセレクトテーブル。その時々のおすすめの本が並んでいます。
棚ごとに外国の絵本、日本の絵本、詩の本、昔話の本などと分類されていて、見やすく、選びやすくなっています。

P1020830_convert_20140119165759.jpg

P1020831_convert_20140119165925.jpg

奥右手はおはなし室。定期的におはなし会が開かれています。
おはなし室をちょっとのぞくと……。
P1020834_convert_20140119170253.jpg
ぬいぐるみやエルマーのりゅうたちが子どもたちを出迎えてくれるんですね。木のおもちゃなども置いてあるようです。
そして、奥には、こんがいました。
こん大好きのわが息子、小六男子は、こんと並んで、はにかみの笑顔で記念写真をパチリ(笑)。
P1020832_convert_20140119170105.jpg

ちなみに、わたしがお尋ねした時期に、ちょうど、こんを作ろうという催しがあったようです。
お店では、こういった様々なワークショップが定期的に開催されている様子。ちらしを見ても、とても楽しそう……。

壁に、こんなタペストリーを見つけました。これも手作りのオリジナルですね。

P1020835_convert_20140119171101.jpg

お店の奥は、小さなカウンターキッチンのある小さなカフェ。
ワッフルやホットサンドがいただけるそうです。次に来たときはこちらもぜひ利用してみたい!

営業時間/10:30~17:30

定休日/日・水曜

住 所/津市桜橋3-398-3

TEL/059-222-5554

Eメール/ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp

ウェブサイト/おはなしの森通信
ウェブサイトからブログ「森の庭から~Book shopおはなしの森」にもリンクしています。催し情報など、ぜひご確認を。

今回は、ばたばたとお邪魔したので、また、今度、ゆっくり、遊びに行きたいと思っております。

店主さんは、地域のストーリーテリング活動に熱心に携わってこられた方だそうです。津のお話ボランティアの方々、そして子どもたちが、なんともうらやましい・・・・・・。


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

子どもたちへ 本を届けよう 子どもたちへ 本を届けよう 子どもの本の店・おはなしの森

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

子どもの本の店・おはなしの森

三重県津市の子どもの本専門店「おはなしの森さん」にお邪魔しました。

三重おはなしの森

津市の市街地のど真ん中、とてもアクセスしやすい場所にありながら、繁華課外ではないので、お店のまわりは落ち着いた雰囲気です。
見てのとおり、「ちいさいおうち」↓のような、シックでこじんまりとしたお店。

ちいさいおうちちいさいおうち
(1965/12/16)
ばーじにあ・りー・ばーとん

商品詳細を見る


お店の中も、それほど広いわけではありませんが、それぞれの棚に、厳選された本が、丁寧に並べられています。
あれもこれもある?!じゃない。どうしてこのなかにちゃんとおさまってるのかしら?……と、片づけ下手のわたしなどは不思議に思うほど……。

P1020829_convert_20140119171347.jpg

背の高い棚がなく、きれいに整頓されているので、たくさんの本に囲まれていてもまったく圧迫感はありません。
座ってじっくり選べるようテーブルと椅子も用意されていて、ゆとりのある配置。テーブルのアールのラインもいきていますね。
一冊一冊の本がところを得ておさまり、子どもたちが手を伸ばすのを待っているようでした。

楕円形のテーブル。右手は座って本を見ることができるスペース。左手のテーブルはセレクトテーブル。その時々のおすすめの本が並んでいます。
棚ごとに外国の絵本、日本の絵本、詩の本、昔話の本などと分類されていて、見やすく、選びやすくなっています。

P1020830_convert_20140119165759.jpg

P1020831_convert_20140119165925.jpg

奥右手はおはなし室。定期的におはなし会が開かれています。
おはなし室をちょっとのぞくと……。
P1020834_convert_20140119170253.jpg
ぬいぐるみやエルマーのりゅうたちが子どもたちを出迎えてくれるんですね。木のおもちゃなども置いてあるようです。
そして、奥には、こんがいました。
こん大好きのわが息子、小六男子は、こんと並んで、はにかみの笑顔で記念写真をパチリ(笑)。
P1020832_convert_20140119170105.jpg

ちなみに、わたしがお尋ねした時期に、ちょうど、こんを作ろうという催しがあったようです。
お店では、こういった様々なワークショップが定期的に開催されている様子。ちらしを見ても、とても楽しそう……。

壁に、こんなタペストリーを見つけました。これも手作りのオリジナルですね。

P1020835_convert_20140119171101.jpg

お店の奥は、小さなカウンターキッチンのある小さなカフェ。
ワッフルやホットサンドがいただけるそうです。次に来たときはこちらもぜひ利用してみたい!

営業時間/10:30~17:30

定休日/日・水曜

住 所/津市桜橋3-398-3

TEL/059-222-5554

Eメール/ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp

ウェブサイト/おはなしの森通信
ウェブサイトからブログ「森の庭から~Book shopおはなしの森」にもリンクしています。催し情報など、ぜひご確認を。

今回は、ばたばたとお邪魔したので、また、今度、ゆっくり、遊びに行きたいと思っております。

店主さんは、地域のストーリーテリング活動に熱心に携わってこられた方だそうです。津のお話ボランティアの方々、そして子どもたちが、なんともうらやましい・・・・・・。


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する