子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

読書会③2012年

2012年度(平成24年)3年目

さて、続けて第三弾、いきます! うん、順調、順調(笑……自画自賛……)。

4月 20120414
●メグ・ローゾフ『わたしは生きていける』(神村)

5月 休み
6月 20120609
●『くまのプーさん』(A.A.ミルン作、E.H.シェパード絵、岩波書店) ~ 読んでおきたい?!古典・定番・名作~

7月 20120714
●中川李枝子の幼年文学作品(TA)

8月 お休み
9月 20120901
●ドナ・ジョー・ナポリ『マルベリーボーイズ』 (偕成社、2009年)(神村)
→関連記事 「読書会 in Shoin 12年9月」へ

10月 20121006
●ローズマリ・サトクリフ『第九軍団のワシ』(岩波書店) ~ 読んでおきたい?!古典・定番・名作~

11月 20121117
●持ち寄りブックトークまつり!
    「塩」(TA)「おいしい本いっぱい」(TM)など

12月 お休み
1月 新年会
2月 20130209
●マドレーヌの絵本 ~ 知っているつもりの古典絵本~

3月 20130302
●長新太の絵本(TA)




今更、だけど、実はちゃんと読んでない……とか、長く続いているシリーズだけど一巻しか読んでいない……そんな古典、定番、名作を読書会を利用して読んでおきたい、読んでしまおうということで、なかなか歯ごたえのある本や、定番の懐かしい、なじみ深い本が並んでいます。
そんななかで、時々、少し新しめのYAを神村が投入するパターンができてきました。

「第九軍団のワシ」は映画化を機に再読。
「鷲」はローマ軍の象徴です。
カレドニア(現在のスコットランド)に進攻したまま、消息が途絶えたローマ軍の一部隊。
彼らはなぜ、どこに、消えたのか。
歴史的背景、史実に基づいての謎解きに、痕跡を辿っての父親探しの旅、少年から大人への成長が重ねあわされる、読み応えのある作品です。
読書会でも好評でした。
映画もとても面白かったです。

「わたしは生きていける」は現代のテロに近い戦争状態を生きる少年少女を描いたYAです。
この作品も映画化されました。
私が用意出来る時は、レジュメを用意して、かなり深い解釈をすることも。
そういうのも、皆さん、面白がって下さるので、研究会、学会発表の前にお試しの発表をしてみたり、読書会がよい勉強の場になりました。

図書館員さん中心に、コアメンバーが固まり、図書館ですぐに役立つ内容、あるいは、図書館で実施した内容のご披露というのも、定番になりました。
11月の持ち寄りブックトークまつり!は、ほんとうにしっかりしたプログラムをご用意下さり、間にお話の語り(ストーリーテリング)も入ったりの楽しい会でした。

なんだか、懐かしいですね。

ゆるく、出来る範囲で、無理なくがモットー。時々、休会をはさむことも。
でも、それが、細々とではあっても長く続いている理由!と、肯定しておきましょう(笑)。

月に一回程度ではありますが、固定メンバーが決まってきて、親交も深まり、忘年会または新年会のほかに、メンバーのお祝い会、励まし会、歓送会といった集まりを時々はさむようにもなりました。

20代半ばからアラフィフまでのメンバーが世代を越えて、読書でつながっているってちょっと面白いなと思います。
上下関係も利害関係もなく、親子ほど年の違う人と、子どもや子育てのことや、仕事の愚痴だとか最近行ったいいところだとか、そんなよもやま話ができる場なんてなかなかないかなと。
時には特別ゲスト?として、高校生や大学生も(メンバーの子どもです)来てくれます。
家族ぐるみのおつきあい(笑)。
これからも細~く長~くよろしくお願いします。




関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する