FC2ブログ

子どもたちへ 本を届けよう

西日本から 子どもたちへ本を届けよう ネットワーク

おはなし配達、小学校へ。

先日、年末のご挨拶の記事をアップしまして。
もう年内は、更新できないかも……?というつもりでいたのですが、やっぱりご報告しなくちゃ。

毎年12月に、お話ローソクの会でおうかがいしている小学校へ、今年も、おはなし配達に行くことができました。

わたしは小学校5年生と6年生のクラスに、もう一人の方とふたりで組んで入りました。

プログラム
手遊び  奈良めぐり
お 話   カッパと瓜(日本・美濃)  『おはなしのろうそく 31』 東京子ども図書館
お 話   妖精のめ牛(アイルランド・マンスター) 『子どもに語るアイルランドの昔話』こぐま社
絵 本   クリスマスツリーをかざろう
絵本・歌 The 12day's of Christmas

「カッパと瓜」はいたずらなカッパの愛嬌ある姿が目に浮かぶようでした。
文字の手習いをして、せっかく練習したから見てくれというなんて、憎めない、かわいいやつ。
年末年始、お習字の宿題が出される学校では、子どもたち、共感できるのではないでしょうか。
日本の昔話でもあるし、子どもが無理なく共感できる筋のはこびとキャラクターの造形を備えていて、丁寧に語れば、間違いないお話だと思います。

「妖精のめ牛」は、本と原書の原話英文を参照して、自分なりにテキストを直したもなのを、昨年から、何度か語っています。
まだ、テキストは修正の余地あり、なのですが、今年は、『語り継ぐ力』出版記念イベントでも語り、だいぶお話が自分のものになってきました。
とても不思議で興味深いお話です。今回は笛なし、音楽なしで語りました(笑)。

関連記事→①図書館のおはなし会・②歌と語りと音楽と……でも紹介しています。ご参照ください。

それから、クリスマスにちなんだ絵本を紹介、の予定だったのですが、残り時間が少なくなってしまったので、たくさん用意していたなかから、二冊だけ、となりました。

1冊は、最近のクリスマス絵本を導入しようと、久々に大人買いをしてしまったのですが、その中から……。
短くて読みやすい、大勢での読み聞かせむきのこちらを。



5年生、6年生でも、そして、そのあとで、反省会でローソク会のみなさんに見せたときも、同じところで同じような反応が見られて、読んでいて興味深かったです。
シンプルすぎるストーリーで、言葉は少ないのですが、画面全体を味わい、きちんと受け止めながら、丁寧に子どもたちの反応を確かめながら読み進めていくと、とても豊かな体験が得られます。
クリスマスツリーを飾る、という、ただそれだけ、のお話なのに、ちゃんと飾り付けられたツリーが輝くと……
ほおっとため息がもれ、思わず、うわ~っ、きれいっと声が上がる。

こうなると分かっていても、やっぱり感動します。
予想したとおりにことが運ぶだけなのですが、その過程を丁寧にみんなで確かめながら作っていく、その共有された時間が大切なんだと思います。
最後に出来上がったクリスマスツリーが、予想を超えた美しさでみんなの目に映るはず。
子どもたちの反応が、ここぞ、というタイミングでちゃんと返ってくると、やった!と、嬉しくなります。

そして二冊目はこちら。


わたしは積み上げ式の歌詞を紹介したくて、英語版をつかって、うたいながら見せていきます。
わたしにとっては、この季節の定番。
……というわけで、何度か紹介していますので、詳しくはそちらをご覧ください。
関連記事→①お話配達…小学校へ・②クリスマスの絵本など……2

すべての読み聞かせが終わった後で、どの学年クラスでどんな内容だったか、参加した全員で振り返るのですが、今回は、その反省会でも興味深い話が出て、とても勉強になりました。
読みたい本、語りたいお話、やってみたい手遊びが増えていきます。

この学校への配達に行けると、今年も行けてよかったなと、一年を気持ちよくしめくくれます。
楽しいひとときを、今年もありがとうございました。

今年は、会の創設者で、奈良県にお話の種をまき続けた「原点」ともいえる方が旅立たれました。
お話を語る場があり、お話を愛する仲間がいる。この当たり前も、先人の心尽くしがあってのこと。
この小さな火を絶やさず、次の人へ、次の世代へ、つなげていくことがわたしたちのご恩返しであり、使命なのだなと、あらためて。
……といってもそんな難しいことではなくて、お話を語るのも聞くのも大好きな人がいる、この幸せな居場所をこれからも大切にしたい。ただ、ただ、それだけ。

来年も、よろしくお願いいたします。



関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する